POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の操縦法2

  22, 2013 09:00
『しあわせな心の状態を、保ち続けること』
が出来れば出来るだけ、
私たちは『良い人生』を歩むことが出来るらしい。

とはいえ、私たちは自分で自分の幸運を
打ち消すような考えを、なかなか手放せません。


「ああ、ホントに嬉しいけど…
 これで運を使い果たしちゃったかも!」

「しあわせすぎて怖い。
 何か悪いことが起こらなきゃいいけど…」



ね?よく言ってるでしょう?


関連記事:しあわせで居続ける 参照


さて、このセリフのどこがいけないのかと言うと、
人生の御者にとって、『最後のフレーズ』が
行き先の命令になるからです。


思考:「運を使い果たしちゃった
   (残ってるのは不運だけ、と不安)」
御者:「そうか、じゃあふしあわせだな」

思考:「何か悪いことが起こらなきゃいいけど…
   (起こったらどうしよう、と不安)』
御者:「悪いことが起こる?それはふしあわせだ」



あ、ちなみにこの御者さんは『~かも?』という、
仮定法や疑問形は通用しません。

更に、主語も主語がひとつしかありません。
それは『I(わたしは~)』です。


だから、誰かを心配して不安になっているとき、
「あの人が~になってしまったりしたら、どうしよう…(不安)」
 という思考も、御者さんにはこう聞こえます。

御者:「ああ、あなたは不安なんですね?
    不安の行き先はふしあわせです」

そしてピシリと馬にムチを入れ、
ふしあわせへと人生を進めます。



私たちは「しあわせになりたい」と思いながら、
「でもなれないかもしれない…」という怖れとともに生きています。



じゃあ、怖れを無くせばいいんだ!と、
簡単にはいきません。


火を恐れなくなれば、
火傷をしてしまうでしょうし、

高いところを恐れなかったら、
転落してしまうかもしれません。

ライオンを恐れなかったら、
噛み殺されてしまうかもしれません。


怖れはあなたを守る為に、
過去の怖かったことや辛かったことのデータを蓄積し、
同じような場面であなたを守る為に働いています。


だから、怖れとも仲よく
付き合って行けるといいんですね。

そこで大切なのはコレ。

怖れに打ち勝つことが出来るのは、“真実”です。


例えば、
「あの人に嫌われてしまったかもしれない…」
という恐れ。

その怖れは“本当”ですか?
本人に確認したのですか?

「とんでもない!それこそ怖くて出来ません」
では、まだ確定した事実ではないですよね?

けれども、私たちは
「あの人に嫌われてしまったかもしれない…」
という恐れが本当かどうかに関係なく
何日も悩み続けることができます。


その間、あなたの人生の馬車は、
ふしあわせへと歩みを進めているのです。

まだ確定していない未来を心配することで、
あなたの人生の貴重な瞬間が、
ふしあわせの方へと運ばれて行きます。



それって、なんともソンなことです!!


自分をしあわせにする為には、
『未確定のことは、未確定のままにしておく力』
を、養うことです。

心はとにかく『結果』を求めます。
それによって安心したいのです。


でも、安心したくて飛びついた
『自分の想像』で、アンハッピーに
なっているなんて、変ですよね?


『それは想像であって、真実ではない』
『そして真実はまだ未確認だ』

という、“いまここ” の地点に、
しっかり足をつけること!


更に、出来ることならここで、
『ハッピーな想像』を持ち続けられたら、
パーフェクトです!

それが、しあわせの秘訣なのです。




あまりにも古い記事の続きです☆
書きかけのものを発見したので、
アップしてみました(^^;)。


Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。