POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

【人間失格…?】2011.11.24放送

  24, 2011 13:20
前回の内容はこちら


今回は、最近私が複数の方から聞いた
ご相談からお話してみたいと思います。


『人をワルく想ってはいけない』と思うのですが、
自分の中には人に対するイヤな感情がいっぱいなんです。

いつも心の中で人を責めていて、それでいて自分も、同じ
ようなことをしていると気付いては、自己嫌悪に陥ります。

ポジティブな考え方をすれば人生が好転すると言われます
が、なかなかできない自分が辛くなります。

どうしたらイヤな感情がなくなるでしょうか?



このようなご相談、実は結構多いです。

こういう悩みを持ってる人は、基本的にとても真面目で
普通に良い人なんですが、本人がそう思えてなのです。

そして「もっと良い人間にならなければ!」と、
すごく努力もしているんです。(良い本を読んだりね)


でも、そうやって頑張る人ほど苦しんでいます。

「上手くできない自分はダメです。こんな自分が嫌いです」
ってよく言われます。(まるで『人間失格』みたいですね~)

そしてますます自分の中から、
悪感情をなくそうと努力をしてしまいます。



で! 今日は「その努力、ちょっと待ってください」
ってお伝えしたいんです。



実は・・・、否定的な感情というのは、
どんなに努力しても絶対に0にはならないからです。

もしも「絶対に無くせないものを、無くさなくては!」
と頑張ったらどうなるか? 

必ず失敗しますし、がっかりするんです。
余計に自信をなくし、生きるのが辛くなります。


否定的感情をまったく無くすというのは、不可能です。
努力する人は「頑張れば無くせるはず」と思ってるってことですが、
それは完全には無くなりません。

だから「なんだ、なくならないのか~」
と受け入れるんです。

そうすると人生がラクになります♪



●怒り=悪いもの?


多くの人は「感情」と言えば「怒り」を連想し、
「怒り」と言えば「悪いもの」と連想します。

でも、怒りも自分を守るための大切な感情です。

自分の領域を侵されたり、安全を脅かされる、
悪口を言われる…そんな時に怒りが涌くのは、
当たり前で健全なもの。

これはまあ、誰でも受け入れやすいものかもしれません。




●いちばん認めたくない感情


しかし、特に受け入れがたい感情の代表は、
「恨み、妬み、そねみ」ではないでしょうか?

それどころか、自分の中にそれらがある、と
認めることすら耐え難く、否定しがちですよね。

すると、相手のあら探しをしたくなります。

芸能人や成功者がこき下ろされたりするのは、
こんな心理もあるのでしょうね。


でも、仮に相手の欠点を見つけたとしても、
それで気分は晴れるでしょうか?

誰かの悪口を言ってしまったときって、
とってもイヤな気分になりますよね?

「妬み・恨み・そねみ」

すっごくイヤな感じの言葉ではありますが、
そういう気持ちも出てくるのが人間。

出て来なかったら神様です。


ってことはですよ、「なくさねば」という努力は、
「神様にならねば!」と言っているってことです。

で、本当に神様になれるの?

・・・なれませんね。
だって、人間だもの(笑うところです)。




●問題は、そこじゃない。


問題は、多くの人が、怒りやネガティブな感情を、
健全に表現したり、受け入れる方法をよく知らないこと…
ではないでしょうか?


誰かに腹が立ったからといって、殴りかかるのは困ります。
当たり前ですが、健全な人間関係が築けません。


今回のような質問をしてくる方は、
もちろんそういう人ではありません。

誰かに腹が立ったとしたら、
「そう想うだけでも人として許されない」
と罪悪感を感じ、自分を責めて追いつめるのです。

これはあまり健全ではありません。

事実そういう方は、感情も自分も悪者扱いし、
なくそうなくそうと努力したあげく、
「こんな自分はダメだ…」と、とても苦しんでいます。

更に、感情をコントロールしようと頑張り過ぎて、
感情が麻痺してしまったりすることも。




●さあ、どうしよう?


『頑張っても悪感情をなくせない=自分はダメです』
これが、ご質問の方がたの中にある方程式です。

この方程式は「頑張れば悪感情を無くせるはず」
という仮定を元にしています。


長年信じてきたことを、ひっくり返すことになりますが、
これは完全に無くすことなど無理なのです。

仮定が誤りだったら、この式は無効です。


『人間なんだからネガティブな感情は出てくるのは仕方ない』
そして『想いにそんなに罪はない』そういうことです。

想っただけで、相手や自分に
悪いことが起こるってこともありませんから。
(タライが頭に落ちてくるとかね)


それよりまず「大ッ嫌い!」「許せない」って
想っちゃうくらい、悔しかったり、悲しかったり、
寂しかったりした『自分』がいるんですよね? 

そう感じている自分を受け入れてあげる。
でないと人生が辛くなってしまいます。


そう感じている自分がいるってことを、
ただ認めるだけでいいんです。

ここには『相手』は関係ありません。
(だって自分の心の中のことだから、相手は知らない)

あるのは、自分と自分の感情との関係のみです。



「そんなこと考えちゃダメ、人として想っちゃいけません」
じゃなくて、

「あ~、悔しかったねぇ」
「わかってもらえなくて辛かったね、寂しかったね」

って、お友達とケンカして帰って来た子どもを
受けとめるようになだめてあげられると、
心がすーっと落ち着きます。

ひとりで上手くできないときは、
カウンセラーがその役をしますので、相談してくださいね。





●ヒトコト


「人間に失格はありません」

間違いを犯すのが人間だから。
それを許してくださるのが、きっと神様って人。
だから人間らしく、人間臭く、生きてみませんか?



最後に相田みつをの言葉を…

にんげんはねぇ どんな人でも 人それぞれに
悩みや苦しみを いっぱい抱えて 生きているんだね 
ほとけさまにも いえないような 悩みと苦しみをね



「望さんの名字は「相田」とかじゃありませんので」と、
澤田さんの注釈が入ったくらい、最近相田みつをがマイブーム。

だって、本当にすべてが
「だって人間だもの」の一言に尽きるんです。


本当のやさしさは、自分も相手も人間なんだって、
見てあげることだと思います。

「愛の目線」ですね。


ではでは、今週もありがとうございました!


 


次回は12月8日の予定です。

※ご質問など募集中です。
 FMびゅー宛、望宛、どちらでもOKです!


 FMびゅーはこちら
 望へのメールはこちら


Comment 0

What's new?