POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

2011.9.15 放送内容

  15, 2011 13:30
前回の内容はこちら


●婚礼シーズン到来!


秋ですね~。今週は澤田さんのお友達同士がついにご結婚♪というおめでたい話題から入りました。

澤田さんの突然の質問、「一年で一番婚礼の多い月は何月?(○クシィ調べ)」に、マジで答えてしまった私…。
「それは11月です!」だって私、婚礼業界で10年以上仕事してたんですもの(^^)v。

そんなこんなで “婚礼ネタ” のお話です。



●結婚を控えたあるカップルさんのエピソード


新婦さんのちょっとした不満は、彼が気前が良いことでした。え?別にいいことじゃない?とも思えますが、彼は自分が気に入っているものも、誰かが「それいいね!」と言うと「あげるよ」と何でもあげてしまうそうで、彼女にも何の記念日でもない日に、突然プレゼントをしてくれたりするんですね(わ~うらやましい!って声が聞こえるような…)。

けれども、それが『結婚』となるとちょっと話が違って来ます。二人の生活・二人のお財布、となったときのことを考えて、彼女は少しブルーになってしまっていました。


話を聞いていくと、彼は基本的に人を喜ばせることが大好きなんだな、とわかりました。「あげる」と言った時に、相手が喜ぶ様子が自分の喜び…。だから物やお金にあんまり執着はありません。

彼女に度々プレゼントするのも、彼女の喜ぶ顔を見たいからです。ただ、その気持ちの本当の動機は、“彼女が喜ぶ様子を見ると、自分が気持ち良いから”なんですね。

そして、彼女の本音は「プレゼントとその気持ちは嬉しい、でも将来の為に私は貯金もしたいし、彼にも協力して欲しい」というものでした。この時、彼のプレゼントと、彼女の喜びの度合いはイコールではありませんね。
 


●本音のコミュニケーションで手に入るもの


仮にですね、この本音をお互い理解すること無く、彼のプレゼント攻撃がずーっと続いたりすると、彼女はだんだんと苦しくなってきます。

いつも貰うばかりでお返しが出来ない自分をちっぽけに感じて、本当に嬉しい気持ちで受け取れなくなってしまうんです。(人間には人の役立ちたい、喜ばれたい、良い人と思われたい…という、自然な欲求があります。でも、してもらうばかりでは、その欲求を満たすチャンスがありません)

そんなフラストレーションが、「私がこんなに辛いのは、彼の理解がないから…」と、彼を責める気持ちに変わっていくこともありえます。


すると彼も当然不満を感じます。「どうしてオレの “愛情表現” をもっと嬉しそうに受け取ってくれないんだ?」と。お互いが想いあっていて、2人のことを考えて行動しているのに、そうは感じられなくなってしまうのは悲しいですよね。


それでお二人にこう提案しました。

「時々はサプライズのプレゼントをするのもいいと思うよ。やっぱり嬉しいものね。でも、これを渡したら彼女が喜ぶぞ!と、すぐ買ってしまう前に、彼女に聞いてあげて。これをプレゼントしたいと思うんだけど、どう?って」

「彼女はその時正直に、ありがとう、でも高価だし今どうしても必要なものじゃないわ。だから気持ちだけで充分!本当にありがとう。と、伝えようよ」

「そして、その分を “買ったつもり貯金” にするなりして、二人で工夫ができるよね」「彼女は自分の本当の想いを受けとめてもらえた、という一番の喜びを、彼はプレゼントをして喜んでもらう以上のものを、彼女に贈ったことになると思うけど、どうでしょう?」と。


これは I'm OK. You are OK. の関係です。どちらかが強い立場になり、どちらかが引け目を感じたりするのではなく、「私もOKだし、あなたもOK」なんです。



●男性脳・女性脳 感じ方は違って当たり前


女性は長い目で夫婦の将来を考えます。子供も産まれるかもしれない。いつか家も持ちたい…、それは安全な巣を作り、守ろうとする本能、かもしれませんね。

一方、男性は狩りをして獲物を持ち帰り、妻や子に「わぁ、すごい!」と言ってもらえる時が至福の時。こんな男女の感じ方の違いを知ることは、良いコミュニケーションには欠かせません。

考え方や感じ方の違いは、性差や年令、育って来た背景でみんな違うのです。

『相手の自分と違うところ』を知って、お互いに受け入れ合うことが出来たら、きっともっと仲良し夫婦になれると思います。



●今週のヒトコト


『違いこそ力』


カップルさんって、本当に上手いこと違うタイプ同士なんですよね~。おっとり・のんびりさんにはキビキビ・しっかり者、って感じで。それが丁度お互いを補いあって、バランスが取れるから心地いいのかもしれませんね~。

人は自分にないものを持っている人に惹かれる、というのもありますし、また、両方同じタイプだと、何かトラブルがあった時に2人とも同じ反応をしてしまい、抜けられないってこともあります。

違ってるから、力を合わせると倍以上にもなっていけるんですね。


そんなお話を、独身2人組がお伝えいたしました~☆

あ、私とひとくくりにしたら、澤田さんに悪いですね。
ゴメンなさいm(_ _)m


 


次回は9/19(木)の予定です。


Comment 2

うすさまかなえ  

すごく分かりやすい!

のぞみちゃん、お久しぶりぶり♪


お互いに相手を思いやってるはずなのに何故か行き違って、相手を責めてしまうパラドックスがすごーく分かりやすく説明してあって勉強になりました!

ありがとう(^o^)/

Edit | Reply | 
望 HR@M   

Re: すごく分かりやすい!

かなえちゃん、ほんとにお久しぶり~っっ!

思いあってるけど、伝わらない。
誰よりもわかってもらいたい相手だからこそ、辛いし、もどかしいですね。

そんな状態が続くと、本当に相手を想っているのかわからなくなったり、相手の愛情も感じられなくなって、そこから抜け出すのがとっても大変になってしまったりね。

相手のどんな行動も、『それは愛からだったとしたら?』というのを前提にしてみることが、私も今ならすこーし出来るかな…?(笑)

お役に立ちましたら、うれしいです。コメントありがとう~(^^)。

Edit | Reply | 

What's new?