POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ、モテモテ

  01, 2012 20:13
『モテ服』『モテ髪』『モテマナー』

4月、新年度の始まりには、
こんな見出しが躍ります(^^;)。


職場で上司や同僚にかわいがられるOLとか、
同性の同僚に嫌われない処世術とか、

合コンでは異性を惹きつけるべく、
あらゆるモテファッションに、
会話のテクニック…。

そりゃもうあらゆる『モテ』指南が、
世の中には溢れていますよね。


でも、これよーく見て下さい。


・上司
・同僚
・彼氏、彼女



みんな、対象になっているのは自分以外の誰かです。
言ってしまえば『他人』です。

私たちは『他人』の目線で自分を評価し、
良く思われる、ということに
随分とエネルギーを使っているのではないでしょうか?



気になる相手は、まだまだたくさんいるはずです。


・友人
・先生
・親、兄弟姉妹
・クラスメート
・近所の人や社会の目



私たちは、なぜそんなに『他人』に
モテなくてはならないのでしょうか?



この『モテ』という言葉は、
『相手の期待にいかに応えるか』って、
言い換えてもいいのかもしれません。


相手の期待するファッション
相手の期待する部下(上司)
相手の期待する会話
相手の期待する・・・


更に、モテないことには
生きる資格がないかのように悩んで、

どうやって相手の期待を
(先取りして)知ることが出来るか?

どうやってその期待に応えるか、
に、必死になってしまいます。


そして、相手の反応が良ければ
「上手くいった」と思い、

悪ければ「何が悪かったんだろう?」
と、うろたえる…。


そう、いつも相手の機嫌
気になって仕方ない…

そんな生き方を続けていると、
やっぱり疲れてきます。



そしてある日…、

私がこれだけ頑張って、
あなたの期待に応えているのに、
あなたはどうして同じように
してくれないのよ!?


という不満が、溜まりに溜まって
「なんで私ばっかり!!」って、
怒りの大爆発を起こしてしまいます。




私たちは、自分以外のすべての人の
期待に応えることは出来ません。

そのことを受け入れる必要があるんです。



上司だっていろんな人がいるわけで、

AさんBさんCさん…と、
みんなの期待に応えようとしたら、

一貫した自分でいられません。

一人一人と対応しているなら
なんとかなるかもしれませんが、

いっぺんにすべての人の期待を
満たすなんて不可能なのです。

不可能なことに必死になるのは、
もったいない気がしませんか?



今日から新年度。
ちょっとしたチャレンジをしてみましょう。


『自分にモテる』人を目指すんです。

自分が好きな服装をすればいいし、
自分が気持ちいい言葉を話せばいい、

自分がしたい振る舞いをして、
自分がハッピーになれることを優先する。


『自分はどうしたいのか?』
『自分はどうありたいのか?』
を考えて、行動してみるんです。



あ、その時に守っていただきたいのは、
『誰かの時間や空間や尊厳を侵害しないこと』

それさえ守れば、全てOKです。


自分の期待に自分が応えましょう。

「こんな自分、好きだな」って、
思える自分になってしまいましょう♪


実は、『自分にモテる人』は、
『他人にもモテる』んですよ(^_^)v。



さあ、トライ!


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。