POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FMびゅ~出演、終了しました

  17, 2011 15:10
ライブでのラジオ出演を終えて、ようやっと人心地ついた望です。

「望さんらしかったよ」とか、「熱意が伝わりました」なんて、うれしいお声をありがとうございます。「初めのところは声が小さかった」「間が長かった」「緊張してたね~」とは友人の声。

ええもう、事実まったく余裕なし! でした。
パーソナリティーの澤田さん、一生懸命リードして下さって、ありがとう~~(T-T)。

それでも、喋りながら「だんだんズレていってるぞー」とか思いつつも、戻れなかったり・・・。いやはや☆喋るお仕事の方は、本当にすごい! 素人を相手にちゃんと枠の中で収拾をつけられるなんて、尊敬します。

1対1の状態っていうのは、得意な方なんですけどね。ラジオには見えないリスナーさんがいっぱいいるんだ、ってことが、これほどプレッシャーとは思いませんでした。



で、時間が経つほどに「言葉が足りなかったな~」と、色々思うところがありまして、この場を借りて補足させていただきます。


●『今、自分はとても辛い』と、認める

まず、自分の心が痛んでいることにすら、気付かないでいる方はたくさんいると思います。あるいはうっすらと感じてはいるのだけど、直視しないようにしていたり・・・。

あるクライアントさんが教えてくれたのは、「こんなことで悩んでいる自分が恥ずかしい」という感覚。特に男性の方には多いです。

でも、そうやって自分を責める事が、悪循環になるのですね。そうして、なんとか自分で対処しようと必死に頑張るのだけど「頭で分かってるけど、出来ない」。そうです、頭と心って別物なんです。


そして、あなたの人生に多大なる影響を及ぼす【心】が傷ついている、というサインを「見なかった事」にしないで欲しいと思います。

初めは小さな切り傷だって、手当もしないで放ったらかしておいたら、化膿して大変な手術をする事になるかもしれません。心の痛みは、あなたが傷ついていることを知らせてくれているのです。

『心が痛んでいて、苦しい。辛い。』それはあなたの存在の価値とは何の関係もありません。『心が痛んでいて辛い』から、『私はダメな人間だ』なんて、日本語としてヘンですよね? 

そして、そんなあなたを愛して見守ってくれている人は、必ずいます。その人たちのためにも、きちんと自分のケアをしていくことが、これからの時代には今まで以上に必要なスキルになっていくと思います。


●助けを求めるのは、弱いからじゃない

相談にいらっしゃる方は、「清水の舞台から飛び降りる覚悟で連絡しました」と、言われる方が多いです。これはけっして大げさな表現ではありません。それほど大変なことを、ものすごい勇気を出してくれたのです。本当にすごいことなんです。

人に助けを求めるというのは、簡単なことじゃないんです。だからこそ、『もう本当にこの状況をなんとかしたい。自分を変えたい』という強い想いがあるということです。そんな方のことを “弱い” だなんて、絶対に思いません。

だから1人で悩まずに、助けを求めてください。心理カウンセリングもひとつの手段ですが、精神科や診療内科を受信してみることも大切です。きちんと診断を受けた上で、必要ならばお薬の力も借りて下さい。

私自身、その昔、夜の交差点に飛び込むのを踏みとどまれたのは、薬と心療内科の先生のおかげだったと思います。自己判断は危険ですから、まず専門の先生の意見を聞いてみましょう。

『今、自分はとても辛い』と、認めること、そして『助けを求めること』から、癒しは始まるのです。





もしかすると、放送を機にこのブログを探してきて下さった方がいらっしゃるかもしれません。私の伝えたいコトはいつもいつもおんなじです。

でも、それを手を変え品を変え、例え話などを使いながら何度も何度も書いています。おヒマがありましたら、どうぞ過去記事もご覧になってみて下さいね。


最後に、大変貴重な機会を提供してくださいました【FMびゅ~】の皆様、番組を提供されているスポンサー様、そしてこの地域のすべてのリスナー様に、感謝いたします。

ありがとうございました。




Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。