POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

人に好かれたい、好かれたい

  30, 2011 20:00
どうも日本人は、付き合いの良い民族だ。その付き合いのよい日本人の弱点は、他人が自分につき合ってくれないと、自分は他人に嫌われているのだと思って、落ち込んでしまうことである。日本人は、人に好かれたい、好かれたいと、強迫観念的に思ってしまう。人に嫌われるということは、日本人のあいだでは、まるで人間失格のように意識されている。
しかし、ほんとうは、そんなに他人のことを気にしなくていいのである。(P75)




捨てちゃえ、捨てちゃえ捨てちゃえ、捨てちゃえ
(2010/02/20)
ひろ さちや

商品詳細を見る




そうそう、逆に
自分が他人に付き合わないと、
「悪い人と思われないか」と
心配するのも同じですね。

だから「NO」が言えなくて、
嫌だなぁと思うことを
引き受けてしまい、
そんな自分に嫌気がさす・・・、

というエンドレスな悩みに
ハマってしまったりもします。



もしも、自分が誰かに
「それは出来ない、すまない」
と言ったことで、

相手が怒ったり(すねたり)
したなら、その人もまた
これと同じ思考(観念)を
持っているということ。

つまり自分も相手も
実は似た者同士なんですね。

そして、
大抵の人の集まりの中で、
こういう場面はたくさん
あることでしょう。



たとえば、会社で同僚が残業をしている。それで自分も、大した用はないのにそれに付き合う。この付き合いを思いやりと考える人がいるのだが、それは違う。その人は、自分が残業をしているときに、同僚がさっさと帰ってしまえば、きっと腹を立てるに違いない。前には俺が付き合ってやったのに、「水臭いではないか……」というわけである。
そのような「付き合い」は、気兼ねでしかない。気兼ねの裏には、他人も自分と同じようであれ、といった要求が潜んでいるのだ。そうして、他人が自分と違う行動をしたとき、他人を非難するはめになる
だが、人にはそれぞれの考え方があり、事情がある。そのそれぞれの考え方、事情を理解してあげるのが、思いやりである。

気兼ねする必要はない。大事なのは思いやりである。(P89)




『思いやり』というのは、
『何かをしてあげること』
とは限りません。

ひろさちやさんの
『思いやり』の解釈、
私にはとてもしっくりきます。


人にはそれぞれの考え方があり、
事情がある。

そのそれぞれの考え方、
事情を理解してあげるのが、
思いやりである。



『“事情” も “考え方” も、
全部ひっくるめたその人自身』
を、ありのままに受け入れる
・・・ということなんです。


そこには、
「あの人は~~すべきだ」
または「~~すべきでない」
という考えはありませんよね。

「ああ、そうなのね」と、
そのま~んまに受け入れる。


それって、OHカードの
世界観にもとても近くて、
私はホッ・・・と安らぎます。


人が集まって集団になると、
「あの人は~~すべきだ」
または「~~すべきでない」
という、

目に見えない観念
(はい、これがジャッジです)
が飛び交います。


その中でどうしたら
嫌われずにいられるか?
を気にすると、

あっちを立てれば
こっちが立たず・・・

あっちもこっちも
立てるためには、

『あっちで良い顔をし、
こっちで良い顔をする』

それしかないワケです。


それで、その場はいいかも
しれませんが、

『あっちで良い顔・
こっちで良い顔』
してしまった自分のことを、
自分だけは知っています。


「ああ、どうして私って
こうなんだろう・・・」って、
イヤ~~な気持ちを味わいます。

風見鶏のように、くるくる
回ってばかりいるのも、
とても疲れることです。


更に、そんなことばかり
していると、
『私はどうしたいんだろう?』
って、自分自身が
わからなくなっていくんです。



人にはそれぞれの考え方があり、
事情がある。

そのそれぞれの考え方、
事情を理解してあげるのが、
思いやりである。


この言葉のなかの “人” には、
“自分自身” も含まれます。

こう、書き換えてみましょう。



つまり、私には私の考え方があり、
事情がある。

その私の考え方を
理解してあげるのが、
思いやりである。



あなたが今、
『私はどうしたいんだろう?』が
分からなくなっていたとしたら・・・。

いいんです。

あなたが今そうなっているのにも
事情があります。

でも、

それがもし辛いのであれば、
カウンセリングが
お役に立つかもしれません。


あなたがあなたの事情を理解すること
は、自分自身への思いやりです。

自分を思いやれる人こそが、
他人を本当に思いやれる人なのです。


そう、
人にも自分にもそれぞれの
考え方があり、事情がある。

そのそれぞれの考え方、
事情を理解してあげるのが、
思いやりだからです。




Comment 0

What's new?