POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

本当のパートナーシップ

  14, 2011 20:30
先日は『春夏秋冬』の
サイクルの話をしました。

関連記事:パートナーシップの冬へ


この春夏秋冬のサイクルは、
もっとちいさなスパンで
毎日起こっています。

パートナーとケンカして
しまった時など、ケンカの
発端になる小さな怒りや落胆、

それを分かってもらおうと
何かをしたり、言い合いに
なったりしたあと(夏~秋)
には

「やっぱりね、どうせ
私は誰にも理解されないんだ」

と感じる冬が訪れます。


冬の状態では、温かい
コミュニケーションが出来ません。

相手にも冷たい態度を取ります。

目を合わせず、笑わず、
近づきませんよね? 


それでも何かのきっかけがあれば、
またいつものように言葉を交わし、
笑いあうことも出来るようになる
『春』の状態へ戻っていきます。



1日、一週間、一ヶ月の間にも、
何度も四季は流れているのです。

実は、しあわせ上手な人は、
この日々訪れる『冬』を出来るだけ
早く通過して、また春を
呼び寄せることが出来る人なのです。

(決してその人には冬が
訪れないわけではありません!)




・・・が、関係が冬の状態のまま
何ヶ月も(あるいは何年も)
膠着してしまうことがあります。

完全に轍にハマってしまったように、
自分たちの力だけではそこから
脱出出来なくなってしまうのです。

そして、その関係を終らせること
しか解決策がないように
感じてしまいます。


そこで、カウンセリングに
来られる方が多いですね。

もちろん、その関係を続けるのも、
別の道を選ぶのもあなたの自由です。

どっちを選んでも、ハッピーな
方へ進むためのサポートをします。

それは、関係性の冬にスタック
してしまわないような、新しい
物事の見方を獲得することです。


どんな関係性にも四季は訪れます。

「この人となら、一生春で過ごせる」
と思ったのなら、
必ず落とし穴にハマります。

夏も秋も冬も必ず巡ってくるからです。

そして
「こんなはずじゃなかった・・・」
と落胆してしまいます。


だから、『冬』に抵抗して
避けようとするのではなく、
いかに速やかに『冬』を
通過するか、なのです。



それには自分をオープンにすること、
相手も自分をもやさしい目で
見てあげられること、先に
きっかけを作ってあげられること、

あるいは相手がきっかけを
作ろうとアクションを起こした時に、
きちんとそれを受け取れること

・・・などですが、

「分かってるけど出来な~い!
(したくない!)」
というのが、
正直なところではないでしょうか☆


それが出来ないからといって、
自分を責めないで下さいね。
あなたがどうしても
「出来ない(したくない)」と思う
ことにも、ちゃんと理由があるからです。

あなたがダメな人間だからではありません。




だけどね。

「分かってるけど出来な~い!
(したくない!)」という気持ちの
裏には、こんな気持ちが
隠れていませんか?

「私をしあわせにしてくれるのは、
あなたの義務でしょう?」
という。


「あいたたたた(>_<)」と、
感じたあなたは、かなり
自分に気付いている人です。



その気持ちのもっと後ろには、
「私には私をしあわせにする力が
ない・・・」
というものが
隠れています。

つまり、「私には出来ないから、
あなたがやって」
と。


「あいたたたた(>_<)」

はい、痛いですね~。
ここがツボです。



「私には出来ない」と想っている
から、他者に期待(依存)
してしまうんです。

そして期待が裏切られたことで、
とても傷ついてしまいます。

さらにその傷つきを相手の責任だ!
と言って、パートナーを責めてしまいます。



・自分をオープンにする

・相手も自分をもやさしい目で見てあげる

・自分から先に(愛情を)与える

・相手からのきっかけ(や、愛情)を受け取る




これらの秘訣は分かるのですが、
それを自分から “先に与える” のは、
自分が損するような気がします。

だから「なんで私が?」って感じで
「分かってるけどしたくない」
んですね。


4つ目の『相手からのきっかけ
(や、愛情)を受け取る』のが
難しいのは不思議に想うかも
しれませんが、

自分が折れることが、なんだか
負けたように感じてしまった
経験はないでしょうか? 

それで、本当はうれしいのに
ふて腐れたような態度に
なってしまったことは? 

(ここのところは複雑なので、
ちょっと省略しますが)




実は・・・、

これらが難しく感じるのは、
あなたが自分自身との関係性で
『冬』にいるからなのかもしれません。

自分自身とのパートナーシップ
こそ、親兄妹よりも、
配偶者との関係性よりも
大切な関係なのです!


なぜなら、私たちが一生、
片時も離れず共に暮らす相手は、
他ならぬ自分自身だから
です。




「私、自分が大嫌いです」って、
言う人がいます。彼らは、
自分を大切に扱ってあげること、
自分に価値を見ること、
自分を愛することが苦手です。

「私には出来ない」と感じています。


そんな時、私たちは
他者の承認や愛を渇望します。

そして、自分を好いてくれる
パートナーが出来た時には、
天にも昇る気持ちがしますが、
その次に来るのは “不安” です。

そう、いつか相手の気持ちが
変わってしまわないかしら・・・って。


この恐れを持っている人は、
人生の四季が受け入れられません。

関係性はいつでも『春』から
始まります。

けれども、かならず夏が来て
秋が来て、冬も訪れるのです。

だから「この人となら、
ずーっと春のまま過ごせる
と思ったのに・・・!
(やっぱりこの人もダメなんだ)」
と、必ずショックを受けます。


もう一度言いますが、
『冬』に抵抗して避けようと
するのではなく、いかに
速やかに『冬』を通過するか、
なのです。



「冬は必ず巡ってくるけれど、
この人と(自分とで)
乗り越えていきたい」と想えること。

「またこの人と(何度でも)
春を生きたい」と想えること。

そうして、そのための
“双方の努力” が絶対に必要なのです。




そしてもうひとつ。

“この人” とは、実は
パートナー以前に、“自分自身”
であることに気付いていくことです。


繰り返しますが…私たちが一生、
片時も離れず共に暮らす相手は、
他ならぬ自分自身だからです。





心理カウンセラー望へのお問合せはこちらから。
(ご質問はお気軽にどうぞ♪)

料金表・プライバシーポリシーはこちら。



Comment 2

カノ  

いつも支えてもらっています[e:446]

初めまして。カノと申します。望さんのブログ、いつも読ませてもらっています私は、バツイチで二人の子持ちなのですが、毎日、出勤中や、寝る前に、望さんのブログを繰り返し読んでは、癒されています。感謝の気持ちを伝えたくてコメントさせていただきました本当にいつもありがとうございます

Edit | Reply | 
望 HR@M   

ありがとうございます^^

カノさん、コメントありがとうございます。
生きているといろんな辛いことがあります。そんな中で、カノさんを始め懸命に頑張っている皆様へ伝えたいコト・・・。拙いながらも書かせていただいてます。嬉しいコメント、励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。カノさんの日々がしあわせいっぱいでありますよう、お祈りしています。

Edit | Reply | 

What's new?