POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

『人間である』ということ

  27, 2012 05:58
●人間であることは、合理的であるということ。
過去の経験に合わないことはしないこと。
●人間であることは、感情、気分に使われ(支配され、振り回され)てしまうこと。
●人間であることは、人や自分を判断すること。
●人間であることは、やらされ感で生きること。
●人間であることは、正当化してしまうこと。
●人間であることは、行動するより理由を欲しがるということ。「結果が出なくても理由があればよい」という生き方、「病気が治らなくてもいいから、病名を教えて下さい」という生き方をすること。
●人間であることは、人や自分自身をコントロールすること。
●人間であることは、結果がないと言い訳をすること。
●人間であることは、グチを言ったりゴシップを流してしまったりすること。
●人間であることは、人のせいにしたがること。
●人間であることは、自分自身に不誠実なこと。
●人間であることは、途中で投げ出してしまうこと。
●人間であることは、責任をとろうとしないこと。
●人間であることは、やり始めても結果が出ないと手放してしまうこと。


この本から

自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる自分が源泉―ビジネスリーダーの生き方が変わる
(2008/10)
鈴木 博

商品詳細を見る



上のリスト、
読んでみてどう感じましたか?


「うわ~、やってるやってる!」
って、頭を抱えませんでした?

でもそれが、
人間であることだと、
言い切ってもらえて、
とても清々しく感じます。



世の中の皆さんは、自分のコトを
神様かスーパーマンだと思って
いるらしいからです。


「え?私はそんなこと思ってません」
「私ほどダメな人間はいないからです」


そう思ったあなた!


それこそがスーパーマン願望です。

本当の自分が100%の状態であれば、
あれもこれも、なにもかも
上手くいっているはずだと、
自分を過大評価しているわけです。



そして、
「こんな私はダメなんです!」と、
自分をこれ以上ないくらいに責めて、
自分を罰することに、
エネルギーを使ってはいませんか?



実は、そういう人は
『人間』に対して、ものすごく
高い理想を持っているのですね。


その人の中の、
『人間とは!こうあるべき!』
という定義が、実はとても
人間離れしているのです。


その人間離れした、
神様かお釈迦様じゃなきゃ、
その境地には至れないような、

常に愛に満ち溢れ、
無私の心で人に奉仕し、
仕事も家事も育児も人間関係も
完璧にできる存在…

…そんな理想で、自分自身や
他者を裁かないでください。

どんな人でも
落ち込むに決まっています。

それは人間の姿ではありません。


人間とは、言い訳をし、
人を責め、恨み、妬み、嘘をつき、
ラクをしたい生き物です。



「人間であるかぎり、
これは避けられないんだ」と、
いい意味で諦めてしまいましょう。


私たちに必要なのは、
聖なる諦めです。


そのことで自分を責めるのではなく、
気付いたらその『反応』を止め、
『選択』をしなおすこと。



「今、自分は言い訳を言ってるな~」
と気付き、

「人間だもの、そんなこともあるよね」
と諦め、

「じゃあ、どうしようか?」と、
新たな選択をする。



その選択が、明日を変えていきます。


そうやって、
今日よりは明日、
明日より明後日と、
成長していけることが、
人間の素晴らしさだと思います。


Comment 0

What's new?