POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

マイチャイルドに寄せて

  17, 2010 21:21
鍵コメントさま、コメント
ありがとうございました。


そう、お母さんはみんな
「こんなにも子供を愛してる」
のです。

そのことに自信をもってくださいね。


あなたがどんなに
(自分が思うところの)
理想の母親になったとしても、
我が子に「ぷい」って、
そっぽ向かれることはあります。


その時、
あなたが『ごめんねママ』になって
しまえば、「ごめんね、ごめんね」
「私の悪かったところを言って、
直すから…」と、
平謝りに謝ったとしたら…、

自分がベストを尽くさなかった証明
になってしまうではないですか。

本当は、お母さんはみんな
ベストを尽くしています。

たとえ、そうは見えなかった
としても!です。


よく「親に謝罪して欲しい」と
言う方がいますが、もし、
本当に親が「私が悪かった」
と認めたら、その人は本当に
心からうれしいでしょうか?

想像してみて下さい。

「あなたをちゃんと
愛さなかったし、
受けとめなかったし、
努力しなかった」と、

言われるようなもの
ではないだろうか、って
思うのです。

そしてそれこそが、
死ぬほど寂しいことでは
ないかと思います。


「あなたにとってベストな
お母さんでなかったことも、
実際にいっぱいあったと思う。
そのことは、本当に申し訳なかった」

「でも、あなたを愛する
気持ちには決して偽りはない。
今までもこれからも、
あなたを心から愛している」

そう言われた方が、
何倍もうれしくないですか?


親の罪悪感は、
子供を傷つけるのです。

だからこそ、
罪悪感を手放すことに
価値があるのです。

あなたも
『マイチャイルド』です。

両親に愛されていたのです。

そんな自分を誇りに想いましょう。


関連記事:マイ チャイルド


Comment 0

What's new?