POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

親と子の愛情のバランス

  04, 2011 13:34
子供の笑顔が、純粋さが、
子供らしい目線や、
みずみずしい感性が、
存在そのものが・・・、

周りに与えてくれる恩恵は
計り知れないほど大きいですね。


だけど、子どもって
理不尽な存在です。

理屈は通じないし、
ワガママいっぱいです。


そんな子どもの心を
受けとめているお母さんたち
のお話を聞くと、なんだか
とっても我慢がいっぱいみたいです。


みんなとっても愛が深くて、

良いお母さんであろう
と頑張って、

頑張ってるのに「まだまだ」
って自分を責めていて、

パートナーに助けを求める
ことをもう、とうに諦めていて、

でもどこかで
「1日でいいから解放されたい」
とも感じていて、

それを口に出すことは出来なくて、

ぐっと飲み込んで、笑う。



「私が我慢すれば良い話だから」と。




それは本当ですか?

本当に我慢し続けることで、
いいのですか?

あなたの我慢は、
家族のしあわせに
繋がっているのでしょうか・・・?


実は、
お母さんが受け取っている
しあわせの分だけしか、
子供はしあわせを受け取れません。


親と子の愛情のバランスは
比例しています。

お母さんが100のうち
30くらいしかしあわせを
感じられていなければ、

子供も30以上のしあわせは
受け取れなくなってしまいます。


だからこそ、お母さんは、
誰にも遠慮なく、しあわせを
享受していいんです。

それが我が子への最大の励ましです。


「しあわせを受け取って
いいんだよ」と、
あなたが見本になるのです。


「辛い気持ちを、
ぐっと飲み込んで笑う」
のはやめましょう?


辛い気持ちをどうしようも
出来なくて困っているのなら、
どうぞカウンセラーに
助けを求めてください。




お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?