POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

コミュニケーションで大切なこと

  26, 2009 23:14
【OHカードで遊びながら学ぼう~コミュニケーションで大切なこと】



地元の専門学校にお招きいただいて、医療秘書科の生徒さんにOHカードを体験してもらいました。

19歳の女子が19人!! (実際には一人欠席して18人でしたが)
若いキラキラした目が一斉に注目・・・(緊張!)。みんな「何が始まるんだろう?」と、いった表情です。


まずはOHカードのご紹介から、基本のルールを説明します。
タロットなどとはまったく違い『カードはすべてニュートラル』だということ。
そして、一番大切な『相手を尊重する』こと。


話の腰を折らず、最後まで聞く。
相手のカードや説明に異議を唱えたり、議論を持ちかけたりしない。カードに正しい解釈というものはありません。だから「間違い」ってこともなし、です。
相手の話を解釈したり、ジャッジをしない(心の中でもね!)。
カードを引くことや、見せること、カードについて話すかどうかは、その人の自由。本人の判断でパスしてもOK。強要はしないこと。


OHカード.jpでも、ブログでもおなじみのルールです。

けれども、これが日常の中ではまったく馴染みのないルールだったりします。
私たちは会話の中で、「ちがうよ」「もっと~~だよ」「○○なんじゃない?」なんて言葉、フツーに使っています。話が終わる前に、自分のことを話したくなります。誰かが発表している間、自分の番が来るまでに話すことを一生懸命に考えていたり・・・。もちろん、何の悪気も無いんですけど☆


そこをあえて! 意識して『今、話してくれている人』に集中します。絶え間なくわいて来る自分の考えを、ちょっと脇に置いてみるんです。

自分の頭の中よりも、今目の前の人を最大限に大切にする・・・。


やってみるとなんて難しいんでしょう!?
そして、今度は自分がそのように尊重されたとき、どんな気持ちになるでしょうか!?


それを体感してもらいたい・・・と、時間いっぱい目一杯、カードを使っていろいろな遊びをやってみました。


話を最後まで聞いてもらう。自分が話し終わるまで、皆が静かに聞いてくれている。否定も肯定もされずに、ただ受け止めてもらう心地よさ。

自分が聞き手になったときの、心の声に気づくこと。

絶え間ない解釈。

その、解釈を持ち込まれない世界観。


これを、一度でも体験してみると、ちょっと世界が変わって来ると思うのです。
そしてそんな安全な場の中でこそ、自分の中に深くアクセスすることが可能になります。あなたの中の個性ゆたかな想像力・創造力を、発見して欲しいのです。



18人いれば18の個性、一人一人が輝いています。
かわいらしさも18通り、美しさも、創造性も、優しさも、賢さも、みんなそれぞれに違っていて、みんながとっても大切なんですよ~・・・って、少しでも伝わったのなら、こんなにうれしいことはありません。


あっという間の3時間。とっても楽しい時間でした。



最後の『ストーリーテリング』なんて、「もっとやろう!もう一回やろう!」と、大盛り上がり♪ 元気な笑い声と笑顔がいっぱい。若いっていいなぁ~(*^-^*)。 


最後はちゃっかり『1/4の奇跡』のPRもさせて頂いて(笑)、講義終了。
18人の生徒さん、講師のNさん、ありがとうございました。

Nさんとは、「来年もぜひやりましょう♪」と約束しました。




最後に、学生さんたちのアンケートをご紹介しますね。


○初めてOHカードで遊んでみて、こういうゲームもあるんだなって思いました。
 とても楽しかったです。人の話を真剣に聞くことで、
 その人の考え方などを知れる、いい機会になりました。
 カードでこんなにもコミュニケーションが出来ることにびっくりしました。

○ひとりずつの意見を聞くことが出来た。
 考えたりして難しかった面もあったけれど、
 自分で色々なストーリー作成をしたり、考えたり出来て、楽しかったです。

○カードを見て直観で思ったことを話すのは、
 すぐ言葉が出てこなかったりするけど、楽しかったです。
 同じものを見ても何を感じるか、本当に人それぞれでした。
 物語をみんなで作るのを、もっといっぱいしてみたかったです。

○色々なカードがあって、すごい楽しかった。
 自分でカードに意味をつけたり、物語を作ったりしておもしろかったです。
 すごく前向きになれた。
 『ほめるやつ』は、なんだか場の雰囲気が良くなった気がしました。

○最後のストーリを考えるのが楽しかったです。
 想像力は大切だ!!

○最後にやった、物語を想像で作成していくのが楽しかった。
 自分の意見をみんなに聞いてもらうのが恥ずかしいと思ってたのが、平気になった。

○最後の物語をみんなで作るのが楽しかった。
 ひとをほめることの難しさも知った。
 ジャッジをしないというルールがありましたが、
 中にはそういうルールなしでやってみるのも、ありだと思いました。

○予想外な考えや答えが聞けたので、楽しかったです。
 人それぞれ考え方が違うということを、改めて理解できました。
 自分の意見を上手く話せるようになった気がします。

○最後にやった自分で話を作っていくのが、一番楽しかった。
 自分が思っていた以上の想像力があることに気づきました。

○OHカードを使い物語を作るやつが楽しかった。
 人の意見を聞くのはいいことだと思った。占いとかできたらやりたかったです。

○最後にやったストーリーをつながえていくとこが楽しかった。
 カードを見て話すのはむずかしい。

○見る人によっていろいろな味方があると分かったこと。
 普段の会話に活かすのはちょっとむずかしいけど、
 考え方はそれぞれと理解出来て良かった。
 直観で話すのは、すごくむずかしかった。
 でもみんなで話がつながらなくても、
 ストーリーをつくっていくのはおもしろかった。

○最後に皆で物語を作るのが楽しかったです。
 ほめられなれてないから、ほめられるとはずかしい。
 たのしかったです(ハート)。

○最後の皆でストーリーを考えるのがとっても楽しかった。
 やっぱり同じものでも、いまの心の状態で
 一人一人ちがって見えて来るんだなって思いました。
 ちゃんと最後まで相手の話を聞いてあげることの大切さを、
 改めてわかった気がします。
 もっとOHカードの遊び方が知りたかったなぁ~と、思いました。

○ものがたりをつくるのがたのしかった。
 いろいろなお話が混ざっているのに、
 たまぁに話がつながるときがあったので、おもしろかった。
 みんなの考え方がちがうのはわかっていたけれど、あらためて気づきました。

○3枚のカードを選んでストーリーをつくるというのが、すごく楽しかったです。
 グループで長いストーリーをつくったのも、
 めちゃくちゃなのにストーリーになってたりして、おもしろかったです。
 人それぞれ同じカードでも感じ方や捉え方がちがうんだなぁ、と思いました。
 大人数より少人数でやった方が色々話せるなぁ、と思いました。

○本当にいろんな色や絵のカードがあって、びっくりしました。
 最後にやったゲームはとても楽しかった。
 いつも話の腰を折っているんだと実感した。
 今後はこの講座を思い出し、最後まで相手の話しを聞こうと思う。
 もっとゆっくりどんなカードがあるのか、見てみたかった。


有り難うございました。



関連記事:耳を澄ます


Comment 0

What's new?