POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛している ≠ 伝わっている

  14, 2011 00:20
結婚は、
相手を愛していることと、
それを伝えること

『愛している』と、
『伝わっている』

この二つは
まったくの別なのだ。


検索は、するな。検索は、するな。
(2009/04/13)
安田 佳生

商品詳細を見る



「妻(夫)に、愛を
きちんと伝えられる人は、
仕事もできる」と、
著者はいいます。

自分の扱う商品への『愛』を、
消費者へきちんと
『伝えられる』ことが、
ビジネスでとても大切だと。


そのために私たちが使うのは
『言葉』というツールです。

ところが、その『言葉』は
正確ではないのです。


しかも、人が言葉を使う時には
なんらかの目的があります。

大抵、目的は、
相手のアクションを
変えさせるため
です。



そして大抵、
「あなたはこうするべきだ、
なぜならば・・・」
という
コミュニケーションになりがちです。





ああ、ホント。
そうだよね~と、思います。


言葉は “正確” に
使う必要があります。

自分の心と言葉が
きちんと一致している、
という意味で。



上の
「あなたはこうするべきだ、
なぜならば・・・」という言葉は、

本当の心と一致していないから、
コミュニケーションがおかしな
ことになってしまういい例です。


本当の心というのは、


「私にもっと関心をもってもらいたい」とか、

「私を認めて欲しい」とか、

「今さびしい気持ちだから、優しくしてもらいたい」

とかである場合が多いんです。


または「あなたが大変そうで
見ていて辛い」とか、
「あなたを楽にしてあげたい」
とかだったりもしますよね。



なのに私たちは、
「あなたはこうするべきだ、
なぜならばあなたは夫(または妻)だから」

・・・なんて、パートナーを
まるで脅迫してしまうような
セリフを言ってしまいがちなのです。


そして
【自分の本当に願っていること】
にすら気付いていなかったりします。


「あなたはこうするべきだ、
なぜならば・・・」という言葉は、

その人が自分の心と
ちゃんと繋がっていないから
こそ、出て来てしまうセリフです。


自分自身と繋がるというのは、
自分の中の愛にコンタクトする
こと。

そこで初めて、
愛のある言葉が話せるように
なります。


愛していても、愛を正確に
伝える努力を怠っていたら、
それは伝わらないことも多いのです。



ビジネス本なのですが、
「愛を伝えるコミュニケーション」
の大切さは、ビジネスでも
人生でも変わりないよね~、
と思います。

そして、「愛を伝える」ことも、
実は「伝えたい」と思う側の
エゴであって、

それを受け入れるかどうかの
相手の自由を奪わないこと
も、

きちんと教えてくれている
ところに共感しました。



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。