POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

言霊鑑定体験記

  04, 2009 21:54
昔、自分の名前が好きだと言う人はあまりいないなぁ、と思ったことがあります。
「ステキな名前ですね」と言うと、「いえいえ、この名前は好きじゃないんです」と言われるのです。

謙遜とはちょっと違うような感じがします。
そのニュアンスは「名前のような私じゃなくてごめんなさい」とも聞こえます。
名前負け、なんて言葉もありますね。

私たちは、名前に秘められた何かの力(使命)を感じ取っているのかもしれません。
そしてそれを充分に果たしていないのではないか・・・と思い、自分を責めているような。


名前には、それをつけてくれた両親の愛が込められています。
名前を好きになるには、自分を好きになることが必要だと思います。
そして自分を好きになるには、両親の愛を受け入れることが必要です。

「こんな至らない自分でも、何かを成し遂げていなくても、私は両親の愛を受けて生まれた」と、自分を肯定することなのです。

自己否定は傲慢です。
私たちの存在を支えてくれているすべてのもの、宇宙そのものを否定することになります。

私たちは名前を持つまでは、宇宙という全体と一体です。
ところが名前を授けられた瞬間から、固有の存在になります。
私が私であるために、この名前が必要なのです。


そんな名前の使命を紐解いてくれる言霊鑑定に出会って、私は一層自分の名前が好きになりました。
私の持って生まれた使命を、一文字ずつ丁寧に説明していただいたnaoさん、ありがとうございました。
鑑定士naoさんの言葉もまた、人を癒す強いパワーを持っていると感じます。



また、名前を育てる、という言葉を聞いて、心が軽くなった気がします。
だってね、『今の自分は成長過程』と思えば、これからが楽しみではありませんか!?

言霊鑑定では、自分のもらってきた種が、どのような性質を持っているのかを教えてくれます。
それによって、今までどうして自分はこうなんだろう?
などと自分を責めてしまうような時に、「これは私の名前の言霊の裏の働きが出ているな」と、気づくことができ、自分でも軌道修正がしやすくなるでしょう。



自分の魂が喜ぶ方向を知り、人生を発展させるヒントを与えてくれる言霊鑑定。

最近、naoさんが「今年は私タ行の年だから・・・」とか、意味不明のことを話し出したので、とても気になっていたのですが、おかげで謎が解けました(笑)。




実は私、この言霊鑑定を、友達のお誕生日にプレゼント♪させていただきました。
自分が生まれた日に、自分の名前の言霊を知るって、嬉しいじゃない~(^.^)と。


言霊の国、日本。
このステキな言霊鑑定が広まって、自分の名前を大好きな人でいっぱいの日本になることを祈っております。

このたびは有り難うございました。



言霊鑑定士こと、人事課naoさんのブログはこちら

いいタイミングで言霊の記事が・・・(*^-^*)。

Comment 0

What's new?