POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

  29, 2009 00:00
『今の心』と書いて『念』

誰かをとても強く想ったときの『念』
これ以上ないほど恨んだときの『念』
ものすごく羨ましかった『念』
とってもさびしかった『念』

この『今の心』であまりにも強いものは、どうやらある人格を持っていて、初めの念のものととなった本人を差し置いて、一人歩きをするらしい。

想いの対象となった人にずっとついて歩いていたり、執着していた場所にずっと留まってしまったりするらしい。

ということは……、元は自分の心から出て来た想いの一部を、どこかに置き去りにしてきているってことがあるのかもしれない。

さびしがっていた自分、怒っていた自分、悔しがっていた自分。
その相手や場所とコードで繋がってしまっていることに気づかず、私たちは生きている。


目に見えないコードが、パソコンの配線みたいにこんがらかっている様子が目に浮かぶ。
自分が置き忘れて来た『念』だけじゃなく、今まで関わったいろんな相手の『念』も、もちろん存在しているのだろうから。

そんなコードだらけのスパゲッテイ状態の中で、前進しようとしても、きっと足がもつれてしまう。


今も怒っている、昔私の一部だった『念』
今もさびしがっている、昔私の一部だった『念』

もう怒ってないよ。
もうさびしくないんだよ。
帰っておいで。

もう、そこに居なくてもいいんだよ。
そんな役割をさせてごめんね。


そして、生きるってことは『今』の『心』に責任を持っているんだと、もっと自覚していたいと想う。
ある出会いが気づかせてくれたこと。




Comment 0

What's new?