POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名言

  26, 2008 00:40
自分が謝罪しても相手が謝罪しないときはどうすればいいか、とたずねる学生もいる。
そんなとき僕は彼らに言う。
「きみにはどうしようもないことだから、きみが悩む必要はない」
(ランディ・パウシュ)


手放すって、このことです。
私たちは“わかって欲しい!”という、強烈な執着を持っています。
だけど、“伝える努力”を最大限したならば、あとは相手の領域です。

このことがわかっていると、相手にプレッシャーをかけないで、
自分の想いを伝えることが出来ます。

そして伝えた後は、聞いてくれたことに感謝して手放しましょう。
これを実践していくと、今までよりも自分の想いを、
相手によりスムーズに気持ちを受け入れてもらえることが多くなるでしょう。

“わかってもらわないと困る!”と思っていたときよりも、ずっとわかってもらえます。

それは、相手をコントロールしようという意図がなく、
相手を尊重していることが、その人に伝わるからです。
自分がして欲しいことを、先にする。
するとご褒美がもらえます。
そして、たとえわかってもらえなかったとしても、
あなたの苦しみはずっと少なくてすみます。

名言はこの本から




Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。