POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

前進

  12, 2008 00:40
明日から東京です。
天気が良いと18℃ほどもあるみたいですね。
上着なんていらないかも?

東京へはいつもセミナーやワークショップのために行くのですが、
私は“必ず”前々日くらいに熱を出す、というジンクスがありました。

その前の日まではぴんぴんしてるのに、
朝起きると喉がパンパンに腫れているんです。
うどんも通らないくらいに(笑)。

それで病院に駆け込んだ時点で、熱が上がり始め…。
「明後日から東京なんですけど…」と言うと、
「飛行機?止めた方がいいよ」と、先生に必ず言われます。


でも何ヶ月も前から申し込んで、チケット取って、
今更止められるかぁ~!と、根性で出かけると…
あれ?なんか調子良くなってきた☆と、
飛行機にのる頃には、不思議ともう元気になってるんですね。

これが毎回、必ずなのですから、どうしたって心の側に原因があります。

【風邪(気管支炎)】
 この炎症はマインドが分裂していることを表しています。
 前に進みたいという願望と、
 止まっていたいという願望との間に挟まってしまった状態です。
 過去への執着があり、にもかかわらず前に進もうとしている状態です。
 未来へと自分を駆り立てつつも、喪失と恐れの両方を感じてしまいます。
 それでもなお、私たちは過去を掃除することや手放すこと、悼むこと、
 癒すことによってではなく、過去の未完了の喪失を手放そうとしないまま、
 意思力と決意により、努力して前に進もうとします。
 (チャックスペザーノ博士のこころを癒すとカラダが癒される、より)


ようするに、「行きたい、でも怖い」の綱引きですね。
心理学のワークショップなどに行けば、未完了の自分の問題を、
直視しなければならない事態があるものですから。
『意思力と決意により~』なんて、まったくそのまんまじゃないですか☆


ところが!
今回は初めて、熱を出さずに上京出来そうな感じです!
私もやっとちょぴり成長できたかな?

エニアグラムは二回目だから、というのもあるけど、
ひとつの大きな課題をクリア出来たことは大きかった。
両親との関係の葛藤が、この歳になってやっと解決できたから。

過去は過去。
それもすべてが完璧で素晴らしいものだった。
そうわかったら、恐れずに一歩、足を前に出すことが出来る様になりました。

5日間の東京、楽しんできます。



Comment 0

What's new?