POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の分析2(悪夢編)

  24, 2015 09:25
クライアントさんが不安そうに言いました。

「最近ものすごい悪夢を見るんですが、
私はまだまだ癒やされてないってことでしょうか?」

file000106346447_20150624091924890.jpg

私はちょっと考えて、こう答えました。
「うーん。いや、それはいい傾向かもしれませんね(^-^)」

クライアントさんはびっくり顔です。

私が考えたのは、そのクライアントさんの
ここまでの軌跡と今現在の状況です。

この方は一年以上、自己探求に取り組んできて、
「私、しあわせです」って言えるくらいになっています。

確かにまだまだ問題は残っているけれども、
それに取り組みながらも、幸せ感は先取りできてます♪

だとしたら、夢を使った浄化ができるくらい、
余裕が出てきた…、ってことです。


「夢で浄化ですか?」

はい、そうです。
それは、現実が幸せでなければ出来ないのです。

私達は、あまりにも辛い現実を生きている時には、
案外いい夢を見るものなんですよ。

そう、“夢の様な夢”とでも言いましょうか…
「ああ、目覚めたくなかった…」と思うような。

夢というのは、心の陰陽のバランスを
取ってくれる役割を持っているのです。

そして悪夢というのは、過去とても辛い状況の中で
溜め込まれた悲しみや寂しさ、怒りなどの感情を、
夢の中で体験することで浄化しようとします。

しかし、現実が辛すぎるときには、
そういった感情は出てきません。

実は「感情は待っててくれる」んです。

あなたがその感情を感じても大丈夫なくらい、
余裕が出てくるまで。

それにね、夢で浄化はラクでいいですよ♪

どんなに辛い嫌な夢でも、目が覚めたら
「なんだ、夢か」で終われますから。

そして現実を確認してください。

自分を脅かす人も、つらい状況も、
今ここにはいないのです。



私も今朝、久々にDVの相手との夢を見て、
ブルーな目覚めでした(苦笑)。

怒り、やるせなさ、惨めさ、悲しみ…
そんな当時の感情が溢れ出てきました。

でも、もうその不毛な関係は、現実ではありません。

友人、パートナー、親…、
人間関係は良好で幸せです。


もしも悪夢で目覚めた時は、
今の現実の幸せを噛み締めてください。

そして「ああ、夢でよかった!」と、
「残ってた感情を、また少し浄化できた♪」と、
喜んで、一日をスタートしてください。


☆辛い状況の中で見る悪夢は、また次回^^


メニュー、お問合せ、スケジュールのご確認は、
ホームページからお願いいたしますm(_ _)m

三浦望公式ホームページはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。