POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

充分に絶望すること

  15, 2008 00:22
カウンセラーという人間は、幾つかの“楽になれるための処方”を持っている、とします。
けれども、それを「はい」とあげるだけではダメなんです。

その処方を生かすには、ある意味『完全な絶望』が必要なんです。
なぜなら、そこまで行っていない人は、それを“処方”されても、こう言います。
「それだけは出来ません!」って。


あなたが今絶望しているなら、それは大きなチャンスです。
絶望しているから、もう自分のやり方ではどうにもならなくなっているからこそ、
『楽になれるんだったら、なんでもします!』という心境でしょう。

どんなにバカバカしいコトでも、
今までどれだけ必死に避けて来たコトでも、
それを実行するまでは、次に進めない時があるんです。
もちろん、カウンセラーがあなたの代わりにやってあげることも出来ません。
ただ、その『産みの苦しみ』を共に分かち合うことが出来るだけです。
どんなに時間がかかっても、最後まで寄り添う覚悟と、
あなたがそれを乗り越える力を持っていることを、信じ切る力で。

充分に絶望した時、初めて見えてくる希望もあるのです。


“苦しんでいる人、泣く人は幸いだ。慰められるだろう”
ーイエスの言葉ー


注)もちろん、絶望の手前でもカウンセリングはOKです。
  むしろ、そうしてもらえるとすごく嬉しいです。
  「それだけはどーしても出来ません!」を引っくり返す為だけに、
  あなたの今の“問題”は“問題”として、目の前に現れてくれているのです。
  “問題”に感謝出来るようになったら、ゴールは目前です。




Comment 0

What's new?