POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとりでできるもん!」

  11, 2014 06:50
参加募集中です!
告知【6月30日(月)OHカフェ@むろらん】


「ひとりでできるもん!」

それが大人ってものだもん!
…って、きっと皆思ってると思うんだ。

特に心の頃をうんと学んだ人が、
この落とし穴に落ちやすい。

カウンセリングもワークショップも、
あんなに受けてきたんだから…、
賢く、強くなったんだから…!

今の私は、自分の気持ちの処理だって
1から10までひとりで対処できるはず。

そうだ、やってみせる!ってね。


この穴、
本当にあちこちにボコボコあって、
私も度々落ちるんだけど(-_-;)、

それは “強がり” なんだよなぁ。。


“強い” と “強がり” は別のもの。

本当の “強さ” は、
人に助けを求められることなんだ。

それを見せても大丈夫、って
自分も相手も信頼できていないと
それはすご〜く怖いコト。

だから、

不器用に育った私たちには、
もう清水の舞台からジャンプする
くらいの覚悟が必要だったりする。

またそのジャンプが、
めちゃくちゃ格好わるかったりするんだよね…。

ははは☆


「もうわかってるコト」
「もうできてるコト」だったとしても、

誰かに共有してもらうことでしか、
昇華できない“キモチ” って、実はいっぱいある。

「わかってるんだけどさ〜」って、
「グチなんだけどね…」って、

友達に聞いてもらって
やっとガスが抜けるって経験、
あると思うんだ。

なんていうか、
そのガス抜きの弁は私の背中側についているので、
「誰かの手」を借りないと開けられないような。

それは、やっぱり
「ひとりじゃできないもん!」
でいいんだよね。


私も長年の友人とは、
「ある時は弁を開ける側、ある時は弁を開けてもらう側」
って感じで助け合ってるなぁ、と思う。

自分の弁の在り処を知ってて、
いつでも手を貸してくれる人がいる。

その有り難さを、忘れないように。


とは思うけど、また穴に落ちてる☆
落ちてから気付くのね(苦笑)。

その時は、穴から手を振って「SOS」しよう。



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。