POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

カメラのアイ(目)

  27, 2014 06:11
最近Youtubeで、懐かしい
「水曜どうでしょう」の動画にハマっています。

テレビなし生活9年目になり、
新しい作品は見ていないものも多くて新鮮。

番組内は大泉さんと鈴井さんがメインですが、
藤村Dもしょっちゅうフレームインしてますよね。

ところが、嬉野Dはカメラ役なので、
たまに声は聞こえるものの、
フレームには入ってきません。

この、『嬉野D状態』が、
私たちの自己の認識状態
だと思うんです。

つまり、

「私たちが日々見ている世界に
〈自分〉は映っていない」
ってことです。


私たちは、
現実をまるで映画のワンシーンの
ようにイメージし、自分もそこに
映っている
ように思っていますが、

実際には、自分の姿はそこになく、
自分の目を通した映像のみが見えている
のです。

それゆえ、人は『当事者』になると、
状況を客観的に見ることができなくなる
のです。

『相手の反応』に一喜一憂して、
自分を見失ってしまいます…。


それが〈人間〉ってものなんですよね。


「どうして私は〜できなかったんだろう?」
「あの時、こう言えばよかったのに…」

と、私たちはよく過去を嘆きます。

その時私たちは、
録画した映像を見返しながら、
編集作業をしているディレクターの
立場になっています。

それはある意味〈神〉の目線。

うんと高いところから、
「もっとこうできた、あそこはこの方が良かった」
って、言っているんですね。

それが編集作業ならば、切ったり貼ったり、
CGでドーン!なんてことも可能です。

でも、人生はそうはいかない。

リテイクなし、編集なしの一発本番なのです。


「水曜どうでしょう」は、
多少の編集は(CGも)入るものの、
ほとんどが撮ったまんまで加工無し。

そんなところが、ウケているんでしょうね。

だって、カッコよくないんです(笑)。
キレイごとでもないんです。

めちゃくちゃ人間臭さ丸出しです。

あの4人の人生の一部を、
そのまんま一緒に疑似体験できてしまう。

嬉野Dのカメラのアイを通して、
自分もそこにいるかのような気がしてしまう。

ハチャメチャな旅に同行して、
帰ってきたような満足感があります。


あの旅はキレイに編集しちゃったら、
きっとなんにも楽しくない。

だから、私たちの人生も同じです。

人生というのは、
それぞれにハチャメチャなものです。

自分の想定通り、スムーズに進む
ことなんてほとんどないんです。

そう、「サイコロ」を見ればね…(笑)。


だけど私たちは、人には
編集前の自分を見せたくないわけです。

キレイに編集した自分を生きてきたように
見られたいわけです。

元の撮りっぱなしの映像を、恥じて隠します。


そして、編集作業に多大な時間を割いて、
「今を生きる」ことができなくなります。

「編集作業」とは、過去を〈後悔〉することです。

でもですよ?

それを編集無しで〈公開〉してしまったら?

それこそ「どうでしょう魂」です!



セラピーのメインは、〈語る〉ことです。

クライアントさんの、
自分の人生を〈公開〉する勇気に、
心からの敬意を表します。

過去は〈語る〉ことで、昇華されていきます。

〈公開〉され、受け入れられて、
癒されていきます。

そうです!

『受け入れられたい』なら、
〈公開〉しなくてはならない、ってことです。

〈未公開〉のものは、いつまでたっても
受け入れてもらうことはできません。



人生を〈公開〉することで、私たち自身が、
カメラのアイから視聴者に変わります。

人生を俯瞰して見ることが初めて可能になります。

普段映らない嬉野Dの存在も、
「なくてはならない存在」として、認識しています。

その時、自分も含めた登場人物全員を
俯瞰して見る余裕が生まれるのです。

そして登場人物(自分)に共感したり、
応援したりが、できるようになっていくのです。

〈自分のファン〉になるのです。



そう、それまであなたは、
〈自分のアンチファン〉でした。

自分のやることなすこと、
すべてにダメ出しをして、
SNSにまで批評を書いちゃったりするような存在です。

そんな〈アンチ〉がいるからこそ、
ダメ出しされないように、完璧にならねば…と、
過去の編集作業に血道を上げてしまっていたんです。

周りの人もみんな、
〈アンチファン〉に見えてしまうから、
生きるのが怖くて仕方なかったのです。


でも、ありのままの自分を、
編集無しで受け入れられるようになったら、
恐れは小さくなっていきます。

番組には区切りがありますが、
人生はノンストップで撮影続行中です。

「脳の記憶を再生している今この瞬間」も!
本番まっただ中です!!



でもいつか「今」は過去になります。

その時、恐れずに自分を〈公開〉できるならば…

そこには〈未来の自分〉が、
自分を応援しながら録画を見ているはずです。



☆「望の格好わるい人生」もどうでしょう?〜公開しております

お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?