POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りを持ち続ける心

  07, 2014 09:33
ものごとには「始まり」があり、
「終り」があります。

何かにビックリしても、
何時間もビックリし続けられないのは、
ビックリに終りが来るから。


怒りもそうなんです。

怒りが始まって、いつかは終りが来ます。


けれども、

私たちは怒りをいつまでもいつまでも
持ち続けてしまうことが多々あります。


感情の命は、実はかなり儚いものなのですが、
私たちは必死の延命治療よろしく、
怒りにエネルギーを送り続けます。


怒りが消えそうになると、
また腹の立った場面を反芻して、
それをキープします。


怒りに消えられてしまっては、困るのです。


怒り続けるのも辛いものです。
エネルギーを使うので疲れます。


「もう疲れた、もうやめたい」


そう思いながら、やめられません。


やめられないのはなぜでしょう?

あなたはそれが消えたら、なぜ困るのでしょう?






怒りという感情の下には、
無自覚の気持ちが隠されています。


「わかってもらえなくて悲しかった」
「待ち続けて寂しかった」
「誤解されて辛かった」

そんな、本当の気持ちです。


怒りが消えてしまったら、
私の本当の気持ちまでが、
なかったことにされてしまう…

そんな気がするから、私たちは
相手への怒りの火を消さないようにがんばるのです。


あなたは「消せない怒り」を抱えていませんか?

その下にはどんな気持ちが隠されているでしょうか?


「あなたはいつもそうよね!!」って、
怒りをぶつけるのではなく、
その下の本当の想いを伝えてみてはどうでしょうか。


「あの時、私は怒っちゃったけど、本当はすごく悲しかったの・・・」

そんなふうに。


その時、怒りというまやかしの感情は消えていきます。

あなたが精一杯の正直な気持ちを差し出した、
という事実に、あなたの心が満足することが
わかるのではないかと思います。


そして、あなたと相手の結末は、流れに委ねてみてください。


お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。