POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

自分の仕様は変えられる

  09, 2014 09:08
私の「過去の自分の仕様」は、こんな感じでした。


●先祖代々受け継がれた、
『失敗=人間失格』という観念が刷り込まれている。

「失敗を回避しよう」と頑張る思考パターンが
新たな失敗を呼び、失敗するから無価値感が増し、
無価値感に見合ったコンフォートゾーンにハマって出られなくなっている。

●この状況を誰かに知られることを死ぬほど恐れているため、
「なんとかして誰にも気付かれずに状況を変えたい」と思っている。

「それにはお金さえ手に入れば、なんとかなるはずだ」
必死に働くが、内心「そんなことでは焼け石に水では…」と、不安でたまらない。

●一攫千金を狙って、ネットワークビジネスやギャンブルに手を出す。



いやはや、なかなか…。


私の場合、ギャンブルに当たるのは「恋愛」でした。

(ネットワーク…もやってみたけど)

大きな夢を語る彼に “賭ける” ことで、
いつか豊かさも幸せも手に入るはず…と思っていたのです。

これはギャンブル以外の何ものでもありません。

しかしその事実には、
まったく気付いていなかったのです。

「愛しているから私は自分を犠牲にしてこの人に尽くしているのだ」と、

バリバリの共依存関係を、
何年も何年も続けてしまいました。


彼は彼で「大きな夢を語り続けて実行しない」ことで、
私を繋ぎとめていたんですね。

「この人と一緒でいいのかな…」と、
私が気弱になると、それを察知した彼はこう言うわけです。

「逃げるのか !?」「そういう奴なんだな、お前は」と。

このセリフは抜群の効き目があります。

私だって、『この賭けは、失敗だった』とは、
認めたくないのですから。

そして「あいつは失敗した」と、
人に思われることは、死んでも避けたかったですから。


そして、「もう少ししたらきっと」
「いつか必ずこれまでの投資が報われるはず…」
と、更に人生をつぎ込んでしまったのです。


この無限ループの引力は強大です。
でも、心理カウンセリングで私は救われました。

ギャンブル依存や買い物依存などの
あらゆる依存症も基本は同じです。

もちろん恋愛依存も。

あなたが「人に知られたくない」、
「恥ずかしい」と思う様なことは、
私もまず一通り経験しています。

カウンセラーはあなたを諭す人ではありません。

自分も苦しんできた心の迷路を、
安全に案内するガイドです。

守秘義務を厳守しておりますので、
安心してご相談ください。




☆これまでの自分の仕様書を、新しく書き換えることが出来ます。


お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?