fc2ブログ

こんな簡単なことで


斎藤一人 こんな簡単なことで最高の幸せがやってくる斎藤一人 こんな簡単なことで最高の幸せがやってくる
(2011/11/25)
一人さんのお姉さん

商品詳細を見る



何でもいいから自分が幸せになっちゃうと、人間っていうのは、『生んでくれてありがたかった…』って気になっちゃうの。(p46)


これは本当です。

先日のあるクライアントさんの言葉です。

「生んでくれって頼んだことないわ!」
「私を殺せ!!」って、
親に言ったこともあったけど、

「生んでくれてありがたい」って、
初めて思えたんです…。と。


私も思いました。

長いこと親を恨んでましたけど、
それで手紙を書きました。

あれは何年前の母の日だったかーー。


関連記事:遺書


そうそう、思い出しました。

いまこれを読んでいる皆様は、
母の日にどのように感謝を伝えるのでしょうか…?

良い一日をお過ごしくださいませ。




その他、心に残ったところ↓


「みんな、『善に強きは悪に強くなくちゃいけない』っていう言葉の意味がわかるかい?『悪に強い』というのは、悪を見抜く力があるということ。要するに、悪い人が考えていることが、わからないといけないっていうことだよね。人は、『人がいい』だけでは生きられない。いい人でも、悪に弱かったら、詐欺だとか、いろいろなものにひっかかってしまう。〜中略〜人をおどかしたり、不安にさせたりするのは、偽物だよ。だからそういうおかしな話が出てきたら、『これ、おかしい』ってちゃんと見抜いて、だまされないようにしなよ」(p110)

不思議なんだけど……。波動の世界では、誰か一人が『すごいな!このお義父さんと何十年も連れ添えて。お義母さんってすごい人なんだなあ!』って尊敬の念で見るようになると、その状況の波動が変わるの。見る側の波動が変わると、相手も波動も変わってくるの。〜中略〜なぜ、いままで、この状況が変わらなかったかというと、『お義母さん、可愛そう。お義父さんは暴君だ』っていう見方を全員がしていたの。だから、何も、変わらないの。(p120)

ズバリいうけど、親に文句を言う人の特徴は、いま自分が「不幸せ」なんです。不幸だ、不幸だ、と言っているうちに、『親はこんなこともしてくれなかった……』『あんなこともしてくれなかった……』って思い出してくるんです。だから、そういう人は、自分が幸せになる考え方、幸せになる努力をもっとしなきゃいけない。(p138)

テーマ : 気付き・・・そして学び
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード