POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

「逃がす」強さ

  04, 2014 06:30
あるクライアントさんのお話しです。

ちょっと頭痛が続いて気になったので、
脳外科へ検査に行ったそうです。

そこで「MRIをやりましょう」
となったのですが、

実は彼女は軽い閉所恐怖症…。


「でも、大丈夫かも…」と
中に入ったのですが、

あの顔を覆うカバーを装着すると
やっぱり息苦しくなってしまい、

「すみません!止めて下さい」
と、検査を中止しました。


「やっぱりダメでしたー」と彼女。

「でも、その後調べたら、
オープンMRIというのが札幌にあるらしいんですよ!」

結構多いですからね、閉所恐怖症の人は。

有り難いことに、
顔を覆われなくてもいい器械が
開発されているんですね。

技術の進歩、スゴい…。


「だからどうしても必要になったら、
札幌に行けばいいだけじゃん!って思って」

と笑う姿がたくましい!

実は、
こうした『自分を逃がす力』って
とっーても大事なんですよね。



多くの人は、まず我慢して
装置に入ってしまうと思います。

そして「大丈夫、大丈夫」
「恐くない、恐くない」と、
必死に自分に言い聞かせます。

でも、その我慢と緊張が
ピークになったところで過呼吸になり、
結局、検査は中止…。

「迷惑をかけてしまった」と
自分を責めて、これまで以上に
自信をなくしてしまうのです。


そしてまた、
同じ様なシチュエーションに
なることを恐れながら暮らします。

あらゆる行動は、
恐れを回避することが目的となります。

一度でも恐い思いをした場所には、
行けなくなります。

そうして、

だんだんと行動範囲は狭まり、
自信をどんどんなくし、
人との関わりも減っていきます。



この負のスパイラルのきっかけは、

「大丈夫、大丈夫」
「恐くない、恐くない」

という自分を騙そうとする行為です。

だって、

「恐くない」ってウソでしょう?



これは優しくありません。

怖がっている子どもを、
「大丈夫だって、恐くないから!」と、
ぐいぐいと押し出すようなもの。


実は「恐い」と感じることを、
強制的に禁じている
のです。


「でも、やってみたら大丈夫だった
ってこともあるじゃないですか !?」

と言われるかもしれませんが、
たとえそうだったとしても、恨まれます。


「え?誰に?」

「自分に!」です。

正確に言うと、
自分のインナーチャイルドに、です。


その結果、
『頭では分ってるけど、出来ない』
ということばかりになってしまいます。

『頭』はあなたの思考です。

『頭』では危険じゃない、
といくら言い聞かせても、
『心(感情・インナーチャイルド)』は
決してそれを信用しません。


そりゃそうです。

あなたの『頭』は、
『心』の味方じゃないからです。

「恐い」と感じることを否定し、
「恐くないから、やれ!」と命令するからです。

そんな人があなたの味方ですか?
敵じゃないですか。

その人の言うことを信じられますか…?


こんなふうに、
『頭』と『心』が敵対関係になり、
信頼関係がない状態のことを、
『自信がない(自分が信じられない)』と言います。


パニック障害を患う人は、
まず「自信がない」と言われます。

自信を取り戻すためには、
『心』のサイドに入って、
本当の意味での自分の味方になることです。


つまり、

「恐い」って感じることを
許してあげなければなりません。

「そうだよね、恐いよね」と
優しく寄り添うのです。



そして、

「どうしてもダメだったら、やめていいよ」
と、優しく言ってあげることです。

逃げ道を提示してあげるのです。


この世には、オープンMRIだってあるんです。


「恐い」って気持ちを、
両手でしっかりホールドしてあげる
ことです。


「他人にどう思われるか?」とか、
「人に迷惑をかけてはならない」なんて、

自分以外の誰かを優先して、
自分を後回しにするクセを、
今こそ正すときです。


あなたがあなたの味方でなくて、
どうするんですか?



私たちは、
本当の味方の存在を感じると、
お腹の底から勇気が湧いてきます。

その存在に、あなたが自分でなるのです。

『弱い自分を叱咤する人』ではなく、
『弱い自分を受け入れてくれる人』に。

「逃げたい」って気持ちも、
「そうだよね」って聞いてあげるんです。

そういう人を探し求めて、
さまよってしまう人もたくさんいます。

でも、遠くに探しにいかなくてもいいんです。

あなたは、今ここにいるのですから。




お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?