POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

母親からの脱出

  22, 2014 06:32
最近、『母娘関係』の問題が、
クローズアップされてきています。

娘には限りません。

一番最初の人間関係である
「母親との関係性」は、その後の
娘と息子の人生を大きく左右しているのです。


親からしてみれば、
「我が子には無事な人生を送ってもらいたい」
「我が子には成功した人生を送ってもらいたい」
という『親心』だ、と言うでしょう。

しかし、それはいつしか
「自分の思い通りの娘や息子に創り上げよう…」
という暴力的なコントロールと化してしまうこともあるのです。


子どもは「親の期待に応えよう」と、
自分の人生を賭けて必死に頑張ります。

けれども、そのような母親を、
決して満足させることは出来ません・・・

子どもが中高年になっても、
歪んだ関係性のままに苦しみ続けるケースが、
今、社会的に注目を集めているのです。

「重い母」や「毒母」などという言葉が
ネット上に飛び交い、

「どうやって母親の呪縛から逃れるか?」
といったセミナーが大盛況なのです。


私もこうしたご相談を多く扱っています。

その中で、浮き彫りになるのは、
「その母親もまた、かつては母子関係の被害者であった」
ということです。

そう、この問題は、
『先祖代々から続く玉突き事故』
のように、連鎖しているのです。


カウンセリングに来られる方は、
この玉突き事故を終らせる役割を買って出た、
大変に勇気のある方です。

その人が、母の呪縛から逃れること。

実は、それが母親自身をも救うことになります。


つまり、

『毒母(呪縛をかける人)』には、
『呪縛をかけられる人』が必要であり、

『呪縛をかけられる人』がいなくなると、
『毒母』ではいられなくなる・・・

自分の問題に向き合わざるを得なくなる、
というパラドックスが起こるのです。


いま母子関係に苦しんでいる方は、
まずは親のコントロール下から逃れましょう。

それは物理的に距離を取ることとは限りません。

精神的に癒着した現実を認め、
精神的に健全な距離を取り、
自分の境界線を守る術を学ぶのです。


そして自由になりましょう。

自分のしたいことを思い出しましょう。

心が喜ぶことをしてあげましょう。


あなたは、幸せになる価値があります。

まずは自分が幸せになって、
心に力を蓄えることです。

お母さんを救うのは、それからでいいんです。

いえ、お母さんを救うのは、
お母さん自身です。


幸せに生きる自分の姿を見せてあげましょう。

それが最高の復讐であり、
最高の恩返しでもあります。

あの悲惨な玉突き事故から、
生還することだって出来るのだ!
と、いう希望の姿になるのですからーー。




お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?