POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛することは、「同化」すること?

  10, 2014 05:33
668e3953cf68ecf7dda7a79198178a0d_s.jpg

私たちは「愛」の名のもとに、
こう迫られたことはないでしょうか?

「私を愛しているなら、わかるはずでしょ!」と。


あなたは私と同じように感じ、
同じように考え、行動するべきである
、と。

愛しているなら当然のことであり、
そうでないのは、愛していないからだ
…、と。


このメッセージはとても乱暴です。

「あなたはあなたでいてはならない。私と同じになるべきだ」

「私を愛しているなら、私に同化しなさい」


と、言っているからです。

要するに同化を迫る人は、初めから、
ありのままの相手を愛してはいないのです。

『自分に都合のいい相手』を求めているだけです。



もしも、それを信念としている
親のもとに生まれた子供は、
必死に親と同化しようと頑張ったでしょう。

親の愛なしに子どもは生きてはいけないのですから、
「自分を捨てよう」としたでしょう。


あるいは、

どうしても同化し切れない不器用な子もいます。

彼らは、そんな自分に罪悪感を持つでしょう。

親の望む自分になれないことを恥じ、
自分自身に怒りを感じることでしょう。


そしてどちらの子ども自身も、
『愛することは、同化すること』
を信念として持つようになります。

そして、
自分に同化してくれるパートナーを追い求めるか、
自分が同化できるパートナーを追い求めるか、
どちらかの道を歩みます。

両者は磁石のように惹かれ合い、
親との間で起こった
『同化』のプロセスを再現してしまうのです。


本当の愛は、『同化』を求めません。

人は一人一人違うから価値があるのです。


あなたは、違いを違いのままにして
尊重することができるでしょうか?



お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。