POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

心の温度

  12, 2014 00:13
みんな自分の心にお風呂がある
って思ってください。

そのお風呂の温度は、
普通は37度くらい。

つまり、自分の体温と同じ。

ってことは、
熱くもないし、冷たくもない。

特別なんにも感じない。

だから、みんな自分が
お湯に浸かっているってことを忘れちゃう。


でももし、温度が30度に下がったら?
冷たくてブルッと来るでしょ?

じゃあ、逆に45度になったら?
熱くて大変!飛び出ちゃったりして。

その心の温度=シアワセ度、って考えてみて。


もしも今辛いな、自分って不幸だな
と感じている人のお風呂は、
きっとすごく冷えちゃってる。

あるいは私ってラッキー、
シアワセ〜って感じている人は
42度くらいのほっかほっかのお風呂。


じゃあ『いま辛い人』が
『いま幸せな人』と一緒になると、
その温度差をひしひしと感じるから
余計辛くなるのは当たり前。

そんなとき、私たちはどうするか?

実は、無意識に相手のお風呂から
お湯を盗ろうとしたり、
逆に冷たい水を差して、
自分と同じくらいに
温度を下げようとしてしまうんです。


たとえば、

お母さんが人生で悩んでいて、
心が冷たい水に浸かっているとします。

そこへ、たっぷり遊んで
満足した子どもが帰って来るとします。

するとお母さんは、
温度差を感じて辛くなるんですね。

そして、我が子の心に水を差してしまう…。

「何浮かれてんの?」「宿題はやったの?」と。

そんな体験をしたことないですか?

心の温度が一気にすっと下がる様な、
お腹の底が冷たくなる様な…そんな体験。


そして子どもの心の温度が下がって、
お母さんと同じくらいになることで、
お母さんは安定するわけ。

でもね、誤解しないで欲しいんです。

お母さんはあなたを
嫌っていたんじゃないんだって。

ただ、人間の心のカラクリが
そうなってるってことなんだって。


だけどそれを
繰り返し繰り返し体験すると、
子どもはこう考えるようになります。

「私が浮かれてはいけないんだ」
「楽しんだり、喜んだりしたらダメなんだ」と。

「どうせ私なんか…」と。


だってね、ほっかほっかのお湯に
突然冷水を入れられたらビックリするよね?

それまでぬくぬくしていただけに、
ものすごい衝撃を受けちゃう。

だから、子どもはそのショックを
最小限にするために、
自分のお風呂をあんまりあったかく
しない様にセーブすることを覚えてしまう。

嬉しいことがあって温度が上がると、
自分でそのお湯に水を差す。

「きっと誰かに水を差されるに決まってる。だから浮かれちゃダメ」と。


こんなクセがついてしまったら、
喜べないし自分を幸せにできるはずがないよね。

あなたはどうかな?


「幸せになりそうになると、恐くなる」

「イイことが起こると、不安になる」

「受け取ればいいのに…って思っても、受け取れない」

「自分から幸せを壊してしまう」

「人の幸せを喜べない」



そんな心当たりのある人は、
カウンセリングで心の検温を
してみるといいと思う。

まず、自分の心が低体温に
なっていないかどうか、確認してみて。

もうずっと前から
冷たいお風呂に浸かっていて、
それが当たり前すぎて、
心が麻痺しているかもしれないから。




そして、実は
心には驚異の『追い炊き機能』が
あるってことを、後日伝授しましょう♪

人間として生まれた私たちはみんな、
幸せに浸って「あ”〜、しあわせ〜」って、
感じていいんです。



☆『追い炊き機能』を取り戻し、
人生の適温を知るには…


お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


Comment 2

朱鷺(shuro)  

とてもよく分かりました♪

たとえが素晴らしくって、ああ、なるほどなぁ、って感じました。
今、本当にそういう人、多いかも知れません。
言葉は暗示だから、怖いですね。
それから、こんなものを思い出しました。
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」
マザーテレサの言葉と言われているそうです。

Edit | Reply | 
三浦 望  

Re: とてもよく分かりました♪

朱鷺(shuro)さま
(大変遅くなりましてごめんなさい)
コメントありがとうございます。
マザーの言葉、深いですね。
運命はこうやって自分で作っていっているのかもしれません。
そのことに自覚的に生きられたら…と思います。


Edit | Reply | 

What's new?