POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『親の心配』との付き合い方

  16, 2013 13:17
親はいくつになっても(勝手に)子どもの心配をし、
口うるさく指図するのが『スタンダード仕様』です。

でも、子どもにとっては煩わしいんですよね。

「ああなの?こうなの?」
「もっと〜したら?」
「それは違うんじゃない?」
「ほら、だから言ったでしょ?」

あ〜もう!うるさいっ!!
って、叫びたくもなります。

「そんなに私を信用してないのっ?」
って、思わず言い返してしまったり。


でも、『親』というものから
『心配』を取り除くなんて、不可能です。


だからちょっとだけ柔らかく、

「心配してくれて有り難いと思ってるよ」
「だけど、なんとか自分でやってみようと思うの」
「もうちょっとだけ信頼して、見守ってくれるかな…?」

そう伝えてみましょう。


「我が子を思っている」っていう事実を

〜これはまぎれもない事実です
 たとえそのピントがずれていたとしても〜

わかってもらえたと思うと、親も安心できるのです。


信頼して欲しかったら、先に信頼してみること。

親が信じてくれない、
だから私も親を信じられない。

そんな私を親が信じてくれない、
だから私も・・・・という連鎖を、
どこかで、どっちかが断ち切らなくてはね。



お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。