POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

自分を開く

  31, 2013 18:03
自分を隠そうとしない人は、愛されます。


『他者と向き合う』

それは『相手という鏡に自分自身が映ること』でもあります。


その時、好ましい自分像を見られる人は、
他者と会っていても疲れず、楽しく過ごすことができます。

他者も、その人と過ごすことを楽しむことができます。



ところが、人に会うととても消耗する、という人は、
向き合った相手に嫌悪している自分像が映るのです。

いえ、もっと詳しく言えば、
自分自身にも隠したいと思っている『本当の自分』を見てしまうのです。



例えば、

ケチだと思われないか、
無知だと思われないか、
思いやりがないと思われないか、etc...

などと心配しながら会っていれば、疲れます。


でも本当は、自分のケチな一面を受け入れていないんです。

自分が知らないことがあるってことが許せないんです。

いつもいつも思いやりを持てないことだってある・・・と、
自分を寛容に見てあげられないのです。


そんな自分を許せない人が、
他者からも自分からも『本当の自分』を
なんとか見られないように立ち回るから疲れるのです。


他者と上手くつき合えないと悩んでいる人は、
まず自分自身と仲よくつき合えるようになることです。


こんな自分だけど、
もちろん至らないところはあるけれど、
結構いいヤツだよなぁ・・・

なんて、思えるようになることはできるんです。


そのとき、自分にも人にも
自分自身を隠す必要がなくなります。

そのような人と一緒に過ごすのは、
相手にとってもとても楽しいものです。


なぜって、寛容な人の前では、
相手もまた自分を隠す必要を感じることなく、
伸び伸びとできるからです。



「自分を愛そう」という言葉を、
私たちはあちこちで目にします。

ベタな言葉ではありますが、やっぱりこれは真実です。

自分を愛することができると、
自分を隠そうとしなくてもよくなります。

それが『オープンマインド』と
言われる状態なのでしょう。


カウンセリングは、目の前の問題を解決することが
目的と思われていたりしますが、実はちょっと違います。

この『オープンマインド』を手に入れた時に、
あらゆる問題が問題ではなくなってしまう…、というのが本当です。


すべての問題を解くカギは、
自分の中にすでにあるのです。

だから自分の外側をいくら探してもみつかりません。

『答え』にたどり着くには、自分を開くこと。

『自分が開かれるほどに、自分への愛も湧いて来る』
…のを、ぜひカウンセリングで実感していただければと思います。



お問合せ・お申込みはこちら

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


Comment 0

What's new?