POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が折れている方へ

  06, 2013 06:17
「今、猛烈に鼻が痒い!」
ってことありませんか?

なぜか洗い物をしている時とか、
自分の手が使えない時に限って、
「うお〜、鼻が痒〜い」って(笑)。


そんなときに、パートナーに
「ねぇねぇ、ちょっと鼻掻いて」
って頼んだとします。

パートナーは「いいよ」と
優しく掻いてくれたとします。


でもね、それはあなたの思うような
強さや角度ではないと思います。

「あ、もうちょっと右!」
「行き過ぎた、左、左」
「もうちょっと強く掻いて」

なんてことになるんじゃないかなぁ?


これが鼻の痒み程度の話なら、
笑い話で済むんですが、

私たちは『自分の快』を、
パートナーを使って得よう、と
することがあります。


自分が気分が塞いでいるのを、
パートナーに明るくしてもらおう
って、謀(はか)るのです。


あなたが「はぁ…」とため息をつくと、
パートナーは「どうしたの?」と、
聞いてくれるかもしれません。

あなたを元気づけようと、色々
気遣ってくれるかもしれません。


でも、それは他人の鼻を掻くのと同じです。

本人が求めている通りに
掻いてあげることは出来ないのです。

それは本人にしか出来ないのです。


鼻が痒かったら、自分で掻く。
それがいちばん気持ちいいはずです。


あなたにはそのための手があります。

もしもあなたが両手を
骨折しているのなら別ですが…☆



そう、心が骨折していると、
人に自分の鼻を掻いてもらおうと
思っちゃうんですよね。

両手が使えないのはとても不便です。
早く治りたい!自由に手を使いたい!
って思うはずです。


なのに、心の骨折はちょっと違う。

「私は手が使えない(心が傷ついている)から、あなたが私の鼻を完璧に掻くべきである!」

なんて、とんでもなく理不尽な
ことをパートナーに求めて
しまったりするのです。


骨折の治療をしないで、いかに
他者にカバーしてもらうか?
ばかりにエネルギーを注いでしまうんです。


でも、骨折はちゃんと治療すれば治ります。

心の骨折も治ります。


心が折れたままでは、
他者に依存しなければ
生きていけなくなります。

その生き方は、
あなたの自尊心を奪います。

あなたの自信を奪います。

とても辛い人生になっていきます。


柔軟で自由に使える手のように、
柔軟で自由に使える心を、取り戻しましょう。


自分で自分のことができるのは、
当たり前じゃないんです。

ものすごく幸せなことなんです。


今、心が折れている方も大丈夫です。



治療法のお問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら


Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。