fc2ブログ

「これでよかった」

「私は身体も心も弱かった。でも、それでよかったんだよ」

先日、母とそんな話をしました。


母はもしかしたら、
虚弱で弱々しい私を見るたびに
罪悪感を感じていたのかもしれません。

「丈夫に産んでやれなかった」って。

だからこそ
過保護にもなったでしょうし、
ある時には急に
「このままじゃいけない!」と、
突き放してみたり…
なんてことになったんでしょう。

(笑)

笑えるのは、今だからこそですが。



身体が弱かったからこそわかること、
心が弱かったからこそわかること、

それは、今の私には
とても大切なものです。


気丈な人は、自分の弱さに
なかなか気付けません。

“受け入れる”のは更に難しいことです。

だから、
“弱さ”を体現する存在も、
必要なんですね。


もしもあなたが、
誰かの弱さにイライラしたり、
罪悪感を感じたり、

「相手を変えなくては!」
「この人を守らなくては!」
と、思うのならば、

自分自身の弱さを嫌い、
「強くあらねば」と頑張って
いるのかもしれません。

私の母のように。


こんな話が出来たのも、
母がちょっと具合が悪くなって、

ちょっとだけ、心の鎧が
緩んだからなのかもしれません。



「私は身体も心も弱かった。でも、それでよかったんだよ」

私の場合、
“弱さ” が前面に出ていた、
ってだけのことです。

そうでない人は、“弱さ” が
裏面に隠れているだけ。


“弱い” なんて思われない、
(自分も思ったことのない)
「強がりさん」にだって、
“弱さ” はあるものです。

それが宇宙の法則です。


表があれば裏がある。
光があれば影がある。

どっちか片一方だけが存在する、
なんてことはありえないんです。


「強いは弱い」「弱いは強い」
ってことです。


子供の頃、あれほど
行く末を心配された私が、

今は結構図太く、
たくましく生きています。

これは、母には嬉しい誤算
だったかもしれませんね☆



テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三浦 望

Author:三浦 望
☆心理カウンセラー
☆OHカードナビゲーター
☆エニアグラムファシリテーター
☆現代レイキマスター

北海道室蘭市在住
得意分野は共依存・親子関係・職場の人間関係・劣等感・自分が嫌い…
自身のDV体験、ウツ体験から心理学の世界へ。エニアグラムや各種心理療法を取り入れた提案型カウンセリングを得意とする。OHカフェ他、ワークショップなども随時開催中。

1969年室蘭市生まれ(女性)
離婚歴有 子供なし
パートナーと二人暮らし

ライトハウスカウンセリングルーム
八丁平4丁目バス停より徒歩5分

三浦望公式サイト
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter
リンク

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング参加中!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

QRコード
QR
RSSフィード