POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

敵の敵は味方 !?

  18, 2013 10:36
「今のあなたじゃダメ」
「もっと頑張らなきゃダメ」
「なんで出来ないの?」

って言う人と、

「今はそれでいいんですよ」
「頑張り過ぎはダメです」
「出来ることからやっていきましょう」

って言う人と、

どっちがあなたの味方だと思う?


実は、
前者はクライアントさん自身で、
後者はカウンセラーです。


カウンセリングに来る人は、
まず間違いなく、『自分の敵』
になっちゃってます。


今自分は溺れていて、なんとか
浮き上がろうとしているのに、

その頭を沈めるようなことを、
自分自身に言っているって、
なかなか気付けないんですね〜。



「今の私じゃダメなんです」
「もっと頑張らなきゃ!」
「なんで出来ないの?」


そう言って自分を痛めつける間は、
あなたは自分の最大の敵。


ところが、
カウンセラーのスタンスは違います。

「今はそれでいいんですよ」
「頑張り過ぎはダメです」
「出来ることからやっていきましょう」


そう、正反対なわけですね。



ここで気をつけないと、
クライアントさんに

「わかってもらえない」
「この人は味方じゃない」

と思われちゃったりします。



『弱っている自分』の最大の敵は、
『強がっている自分自身』です。

それはエゴから来る『プライド』です。





癒しは『弱っている自分』を
受け入れることから始まります。


『自分のプライド』が、
『傷ついた自分自身』を
ナイフで刺し続けているのに、

「早く癒されて元気になって、社会復帰したい」

なんて、無理な相談なんです。

その事実に気付いてもらう…
この、最初の一山が
カウンセリングの難所です。


カウンセラーは
『弱っているあなた』の
味方であると同時に、

『強がっているあなた』の
味方でもあります。


とはいえ、
『自分を痛めつけるあなた』
から、『弱っているあなた』
を擁護する必要があるときは、
私は反対サイドに回ります。

でも、『敵の敵は味方』


ほんとうはいつでも、
『弱さ』も『強がり』も
全部ひっくるめたあなたの味方。


ああ、今書いていて気付いたけど…


『弱さ』も『強がり』も
全部ひっくるめたあなたの味方。

 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

これって、『未来のあなた自身』。


あなたが、まるごと全部
『自分の味方』になったとき、
カウンセリングは終了するのです!



その日まで、いえそれ以降も、
私はずっとあなたの味方です♪



関連記事:「今はそれでいい」どん底の希望
     「自分が嫌い」なスーパーマン
     まず私が私の味方♪
     二人三脚
     相棒



お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment 0

What's new?