POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニーズの扱い方(5)

  05, 2013 06:59
では、
ニーズの健全な扱い方とは?


1、まず自分の感情を素直に認めて、味わう。
良い・悪いとジャッジしないで!ただ「そうなんだ、悲しいんだね。腹が立ったんだね…」と。


2、その下にあるニーズに気付く(感情の下にニーズ有り)。
悲しかったり怒りを感じたりするのは、自分をもっと大切に扱って欲しいという要求の現れです。「もっと尊重してほしい」「甘えたい」「愛されたい」「受けとめて欲しい」などの欲求が隠されています。

しかし、ニーズは過去にこれを抑圧したときの『痛み』もセットになっているので、自覚するのはなかなか困難でもあります。そんな時は、カウンセリングの場などを上手に利用するのも良い手です。


3、自分のニーズをやさしく承認する。
「そうだよね、本当は甘えたかったよね、わかるよ…」と、過去自分がそう言って受けとめてもらいたかった!という言葉を、自分が与えてあげるのです。自分への『承認&愛』をいっぱいに贈ってあげてください。

でも、それがどうしても出来ない場合もあります。「だってそれはあの人からもらいたかったんだもん!自分であげるなんていや!」と、地団駄を踏んで怒るインナーチャイルドの存在です。

ここで行き詰まる人は、カウンセラーのサポートを得ながら、インナーチャイルドを癒してあげてください。いずれあなたの中のやさしいお母さんの部分(インナーアダルト)が成長して、声かけが上手に出来るようになります。



4、自分のニーズを明らかにし、お願いする(助けてもらう)。
「こうしてもらえたら、私はとても嬉しいのですがいいですか?」と、他者に助けを求める段階です。これもとても勇気が必要ですね。でも、1〜3のステップをちゃんと踏んで来れば、きっと大丈夫。

注意するのは『これはお願いなので、それにイエスと言うかノーと言うかは、相手の領域であると、委ねる』ことです。『お願い』という形を取るのは、相手のニーズも尊重するためです。

相手にも都合があり、いつでもどこでもあなたの期待に応えることは不可能です。ここを見落とすと、ニーズはただのワガママになってしまいますし、想い通りにならないと自分を被害者と思って相手を責め、関係を悪くします。

お願いならば、思い通りにならないこともありますが、あなたは被害者にならずに済みます。この健全なやり取りでは必要以上に傷つくことを恐れることはありません。『お願い』できる人は、その覚悟も出来ているからです。(でもかなりハイリターンで想いは叶いますよ!)


5、感謝する。
助けてもらったら「ありがとう」って言えますね。でも、答えがノーであったとしても、「聞いてもらってありがとう」と感謝する。落胆する必要はありません。

またお願いしてもいいんです。他の人にお願いしてもいいし、自分にお願いするというのはもっといいですね!



この大切な『自分と向き合う
プロセス』を、私たちは一度も
きちんと習わないんですよ。

たいがいは3歳までに、
両親の生き方から同じパターンを
身につけてしまいます。

親自身が感情・ニーズを
もてあまし、混乱したまま
抑圧しており、

我が子の子どもらしさに
自分の抑圧してきたものを
刺激され、不快感から
理不尽な叱り方をする。

(1)のA子さんのお父さん
のようなセリフになって
しまうことが起こるわけです。



この不幸な連鎖は、
あなたの代で終らせましょう。

あなたにはそれが出来るのです。

だから今、このページを
読んでいるのです。

○○家のバトンリレーの
アンカーは、あなたです。

サポートをさせて頂ければ、
私はとてもうれしいです!



お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。