POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルでは汲めないもの

  18, 2013 10:15
「あの人と話をするのは、
ザルで水を汲むようなものですよ」

「まったく学ぼうという気がないのか、
何度言っても同じことを繰り返すんです」


こんなセリフを聞くことって、よくあります。

相手は同僚だったり、配偶者だったり、
子どもだったり様々です。


で、思うのですが・・・


水を汲もうとしているのは、
『あなた』ですよね?

で、あなたが手にしている道具が、
『ザル』ってことですよね?


ザルで水が汲めないのは、
しごく当然な気がしますが、どうですか?

それは、
あなたの道具(伝え方)では、
相手の水(理解)は得られない、
ということではないでしょうか?



『相手によってはその道具を変える必要がある』
ということを、私たちは忘れがちです。


『ザル』がダメだったら、
『ボウル』に持ち替えてみませんか?


私たちは道具に執着してしまうあまり、
目的を見失うことが多いのです。

『相手に意図が伝わること』が、
あなたの目的であって、
『なにがなんでもザルで水を汲む』
ことではないはずです。




「そうか、自分がザルにこだわっていたのか!」
と気付けると、展開が変わります。

実は相手だけじゃなくて、
自分自身も柔軟さを持てていなかったのです。


ザルでもボウルでも、柄杓でも、
その時その人その場に合った道具を
柔軟に持ち替えられる人に、
なれたらいいですよね♪



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。