POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と信頼(加筆)

  06, 2013 09:32
『愛と信頼』って、
どうやらセットで考えられています。

だからこんなセリフがよく出てきます。

「愛してるなら信じられるはずだろ?」とか、
「信じられないってことは、愛してないんでしょ?」って。


だけどこの『愛』と『信頼』は、
必ずしも比例しない、ってことを
書いてみようと思います。


例えば親。

親は子供を愛しています。
これはどんな親でも、です。

(どんなにその表現がいびつであっても、ね)


しかし、
親が子供を100%愛しているからといって、
100%の信頼を持てているか?
というのは別の話です。


これは、『信頼』というのは、
「その人自身が(ここでは親自身が)
自分を信頼できる度合いまでしか、
我が子も信頼できない」から
です。


あなたには、
『我が子への愛』が100%ある、
これはOKでしょう。

では、
『自分への信頼』が100%ありますか?
と、聞かれたらどうでしょうか?


自信を持ってイエスと答えられる人は
少ないのではないでしょうか。



『自分への信頼』と書いて、
『自信』と読みます。

そして私たちは、自分に自信がないときほど、
「あなたのこと信じてるからね」って言う
んです。

そうすれば、
不本意なことが起こったときに、
「あなたを信じてたのに!!」って、
怒り悲しむ権利が得られるからです。

自分の自信のなさを棚に上げられるからです。


実際は、「子供に何が起こったとしても、
自分がこの子を全力で守ってみせる!」
という自信が持てていない…ってことです。

そして、
そんな自分をものすごく責めている、
ということにはなかなか気付けません。


だから「信じてるからね」と、
(だから何も問題を起こさないでよね)と、
(そうすれば私は過ちを犯さないで済む)と、
未来をコントロールしようとしているのです。

本当は、先のことなど誰にも
コントロール出来ないのに…。



このカラクリに気付かないと、
子供に限らず、大切な人を
追いつめてしまうかもしれません。


あなたがパートナーや我が子を信じられないのなら、
やっぱり『自分』に向き合うことをお勧めします。


「信じてるからね!」をよく言う人ほど、
「裏切られた!」という気持ちをよく感じます。

(本音は「信じさせてね!」ですから)


それは、
『自分は人に愛され、大切にされる存在だ』と、
信じられていないからです。

そう、自信がないんです。

自信のなさを、相手に転嫁しているのです。


相手を変えてもダメです。
元を正さなければ!


だからね、
ほんのちょっと勇気を出してみませんか?

私も自信がなくて、人が信じられなくて、
何より自分を信じられなくて、
生きるのがとても辛かったんです。

でも、カウンセリングで人生が変わりました!


『自分に自信がない』なんて、
認めるのはイヤだろうけど、

自信満々な人だって、そうそういないんです。


今の人生でうっすらと感じている
「なんだか淋しい、なんだか辛い」って部分が
小さくなったり、消えてしまったりしたら、
どんなに人生はラクに楽しくなるか?
イメージしてみてください。


では、もう一度おさらいです☆

『愛』と『信頼』は比例しない。
『自信』と『信頼』は比例する。


覚えておいて下さいね(^^)。



メールでの予約お問合せはこちらです
(24時間以内に返信いたします)

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)



仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。
お名前が残っていない場合は折り返しいたしません。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/


Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。