POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かわいそう」

  01, 2013 06:43
「かわいそう」

あなたは、この言葉を
どんなときに使っていますか?


あるクライアントさんが
教えてくれました。



自分が本当はイヤなことを
したり、受け入れたりしないと
ダメな状況になったときに、

「この人はかわいそうなんだから…」
って、自分の逃げ道にしていたんです。


そうして、自分の本当の気持ちは
ずっと無視してきたんだと思います。



そう、本当は嫌なのに
「ノー」が言えないときや、

本当は納得できないのに
「自分さえ我慢すれば、丸く収まる」
って、思ったときに、

その辛さを感じるのを避けるために、
「かわいそう」という言葉で
自分に目隠していたのでしょう。



「ノー」が言えないということは、
自分を守れなくなることです。

『怒りの感情』は、本来自分を
守るパワーの源ですが、

怒りを抑圧してしまったゆえに、
とても理不尽な状態をも甘んじて
受け入れてしまうこともあります。


でも、本当は辛いはずです。

その辛さを誤摩化すために
「かわいそうな人なんだから」
って、思ってた・・・。

そう気付いたこの方は、
とても勇気があると思います。



一見、
優しげにも聞こえるこの言葉は、

実は『言われた人』からも、
パワーを奪います。


自分が誰かに
「かわいそうな人…」と思われたとき、
あなたはどう感じましたか?

同情されて、嬉しかったですか?
自尊心が傷つきませんでしたか?



誰かを『かわいそう』と思いたいとき、
実は、自分の人生のどこかの領域に
『かわいそう』なところがあるんです。


そこから目をそらさない勇気が必要です。


まず、自分を救わなければなりません。


自分を『かわいそう』なままにして、
誰かを『かわいそう』と、
『なんとかしてあげなくちゃ』と、
奔走してはいませんか?


その人を救うのは、その人のやることです。
信頼して、今は手放しましょう。

あなたは『自分を救う』という、
大仕事があるのです。


でも、とても一人では
出来ないように感じるなら、
助けを求めてください。


サポートがあれば、
ぐっとラクになります。




※セッションは完全予約制・前払い制です。

メールでの予約お問合せはこちらです
(24時間以内に返信いたします)

お急ぎの方は電話でお問い合わせ下さい。
電話番号はこちら(9:00~18:00)



仕事中は電話に出られない場合もございます。
留守番電話になった場合は、お名前を残してください。
後ほど折り返しご連絡させていただきます。
お名前がない場合は折り返しません。


その他ご質問等は、上記メールフォームか電話へお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。