POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

『犠牲』という通貨

  05, 2012 15:53
『愛されるためには、相手の期待に応えねばならない』

という、
とてもポピュラーな観念が
あなたの中にもないだろうか?



職場で、
友人同士で、
夫婦間で、
親子の間で、


今もたくさんの場で、
「愛されるために」
たくさんの人が
自己犠牲をしている。


自分の気持ちを、長年
二の次三の次にしてきて、

今では自分の気持ちも
わからなくなってしまって、

「なんでこんなに苦しいんだろう?」
「私はこの人のなんなんだろう?」
「この人は私のなんなんだろう?」って
悩んでいる人は多い。



そんな人には、
どうか『原点』に
立ち帰ってみてほしい。


『愛されるためには、相手の期待に応えねばならない』

・・・ということは、

あなたはその人に
「愛されたかった」って
ことだよね?


じゃあ、どうして
「愛されたかったの?」


・・・それはきっと、
「愛していたから」
じゃないかな?



相手は親だったり、
配偶者だったり、
親友だったりする。


そして実は、人間関係で
一方が感じている感情は、
もう一方も感じている

という心理の法則がある。



ということは。

「相手もあなたの愛を求めている
かもしれない」ってこと。


『犠牲』を渡して、
『愛』をもらおうとするのは、
なんだかヘンじゃない?

どちらも『愛』を
求めているのにね。


だから、

『犠牲』という通貨を使わないで、
『愛』をそのまま物々交換
できたら、

きっととてもハッピーな
世の中になるだろうなぁ・・・。



Comment 0

What's new?