POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『期待』と『希望』

  20, 2012 00:33
『期待』はあなたを辛くする。



●自分に対しての『期待』


あなたは『期待』を持って自分を見る。
でも、自分は期待通りの人間ではない。


なんで?
どうして期待通りにできないの?

こんなダメな私は嫌い。
こんなダメな私は本当の私じゃない。

そうだ、直さなきゃ!

ここもダメ、あそこもダメって
頑張ったけど、結局変われなかった。


嫌い、どっかいって。
もうこんな嫌な自分を切って捨てたい…。



●他者に対しての『期待』


あなたは『期待』を持って相手を見る。
でも、相手は期待通りの人間ではない。

なんで?
どうして期待通りの人じゃないの?

ワザと私を悲しませるの?
こんなのおかしい。

相手はきっと間違っている。
だから直さなくちゃ。
間違ってるって分からせなくちゃ。

でも、いくら相手を変えようとしても、
結局何も変えられなかった…。


…この人とはもうダメ。
私の本当のソウルメイトは
この人じゃないのかなぁ?




●『期待』じゃなく『希望』を持つ


『期待』はあなたを辛くする。

自分に希望を持てないからと、
他者に期待するのも同じ。


今の自分は『期待通りではない』
それでいい。

ここはまだスタート地点だから。


今日気付けなかったことに、
半年後に気付ける可能性は
絶対にないと言い切れる?

どうしても許せなかった相手を
一年後に許せる可能性は、
絶対にないと言い切れる?

今幸せを感じられないからと、
三年後も幸せでないなんて、
絶対に言い切れる?


そう、私たちは変われる。
ここからもっと成長できる。


十年前の私はDVのまっただ中
にいて、事態は悪くなるばかり。

きっとこの人が私を救ってくれる
という『期待』から始まった
恋愛に、すがりついていた。

それが期待通りならば、
自動的に私は幸せな人になれる
という『期待』を、
何年も何年も捨てられなかった。


そうして『期待』どおりじゃない
現実と闘い続けて疲れ果て、

鬱状態で、誰にも相談できず、
「消えたい、消えたい」って
思っていたんだ。


でも今、あの頃には想像も
できなかったような、
幸せを噛み締めている。


あの頃出会った
カウンセラーの先生の、

「大丈夫、幸せになれるよ」
っていう言葉が、その後の私を
支える『希望』になった。



●今の自分に出来ること


「私たちは変われるし、
もっと成長できるんだ」
って『希望』を持って、


(この『希望』は今の現実と
ケンカをしない)



今の自分に出来ることを、
出来るだけでいいからやる。



ここで難しいのは、つい、
今の自分に出来る以上のことを
『期待』してしまうこと。

そして上手くいかないと、
挫折感・失敗感が上乗せされて、
負のスパイラルから出られない。

だからあくまでも、
今の自分にもできる、小さな一歩
から始めなければならない。



今の自分に出来ることを、
出来るだけでいいからやる。


たとえば、鏡に向かって微笑むこと。

それが『希望の階段』の一段目。


今の自分に出来ることを、
出来るだけでいいからやる。


たとえば、目を見て挨拶すること。

それが『希望の階段』の二段目。


今の自分に出来ることを、
出来るだけでいいからやる。


たとえば、大切な人に
「ありがとう」を伝えること。

それが『希望の階段』の三段目。


目の前の一段一段を
ただ一心に登り続けよう。

一段登るたびに、自分の努力を
きちんと認め、温かく励まそう。

諦めさえしなければ、必ず
『希望』の場所にたどり着ける。


いや。
「その階段を登ること自体が、
喜びになっていた」と、気付く。


そのとき、一番初めの階段は
ここよりはるか下にあるだろう。




Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。