POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

気に入らなくてもいいのです

  01, 2008 00:00
今、しあわせですか?
「しあわせです」って、言えますか?

ためらってしまう人は、何が原因だと思いますか?
今、しあわせでない毎日を我慢しているのはなぜですか?

「○○が変われば、きっと今よりしあわせになれる」と、想っていませんか?

○○には、
パートナー、上司、部下、子供、親、環境など、いろんなものが当てはまります。

でも、あなたの力でそれらの対象が変わるのはいつですか?
それは本当に変わるのでしょうか?
一体いつ、あなたはしあわせになれるのでしょう?

「○○が変われば…」というのは、今の○○が気に入らないということです。
あなたは、
 今の夫(妻)が気に入らない
 今の上司(部下)が気に入らない
 今の子供(親)が気に入らない…と、言っているのです。

その人の今の在り方を、否定しているのです。
否定の感情は言葉や態度にどうしても現れます。
「今のあなたは良くないから、変わりなさい」
そんなメッセージが、無意識のうちに相手に伝わっています。

「今のあなたは良くないから、変わりなさい」と言われたら、
あなたは素直に自分を変えることが出来るでしょうか。

思い出してください。
あなたはきっと子供の頃に、
このようなメッセージをご両親から受け取ったことがあるはずです。
そして、とても悲しく辛かったのではないですか?



いつ変わるか分らないものにエネルギーを注ぎ続けること。
それは注ぐ方も、受ける方も、どちらもとても辛いのです。
エネルギーを注いだ方は、自分の労力と同等かそれ以上の見返りを期待してしまいます。
注がれた方は、例えその人なりの進歩があったとしても、
注いだ側の認定ラインを超えない限り、評価してもらえません。

あなたの目的はいつのまにか「しあわせになる」ことではなく、
「相手を変える」ことにすり替わってしまっています。
そして、もしも念願かなって相手が変わったとしても、
あなたが確実にしあわせになれるという保証はありません。


いつか来るかわからない未来のしあわせに、
あなたはこのかけがえのない人生を賭ける覚悟が出来ていますか?
「相手を変える」ことに、人生を費やして良いのですか?

しあわせは、『今ここ』をどれだけ味わえるか、です。
あなたが未来の希望を生きているのだとしたら、
今この瞬間を生きていません。

それでは、あなたの想定した未来が『今』になったとき、
あなたはそこには居ないでしょう。
今度は、しあわせな『今』を、いつ失ってしまうのかという、
未来の怖れに苛まれるからです。
または、新たな「○○が変われば…」が生まれてしまうからです。

今目の前に居る人の在り方を、どうぞ認めてあげてください。
彼等は、あなたと同じく学びの途中なのです。
たとえ好きになれなくてもいいから、その人やものの在り方を認めるのです。
「そういうこともあるよね」って。
そして、それらを認めたくないって駄々をこねる自分自身の心にも
「そういうことってあるよね」と。

自分以外の人をありのままに受け入れる。
自分自身をありのままに受け入れる。
そうすると、『気に入らない』かもしれないけど、『気にならなく』なってきます。
『気にならない』というのは、
あなたの人生から『気に入らないもの(人)』が減ったことになります。

生きるのはきっと、少しラクに楽しくなってくるはずです。






Comment 0

What's new?