POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴聴き上手

  01, 2012 15:54
「彼の愚痴を上手にきいて
あげるには、どうしたら
いいんですか?」

というご相談をいただいた。


彼氏さん、幸せ者ねぇ…(^^)。


そんな思いやりいっぱいの
彼女なのだけど、どうも
上手くできなくて、

話しているうちに、
彼がイライラしてきたり、
なかなか思うようにいかない、と。


しまいに、「せっかく聞いて
あげようとしてるのに!」って、
逆切れしそうになったり。


このような経験、
あなたにもない?




こんなときは、だいたい
『自分がどう答えるか?』に
意識が行っちゃってることが多い。


相手が投げたボールを、
確実に受けとめることよりも、

自分のボールをどうやって
投げ返すか、受け取らせるか?
って、考えていないかな?


相手の投げたボールを、
あなたは確実に受け取っている?

そのボールはどんな形で、
どのくらいの重さで、
どんな匂いで、どんな感触か、
ちゃんと言えるくらい、

両手でしっかり受け取って、
よく観察しただろうか?


それどころか、相手の投げた
ボールはキャッチされずに、
あなたの足下に転がって
いたりしない?




聞くなら聞くに徹すること。

「ここは聞き所だぞ」と、
腹を据えてみよう。

明確なのは、この場合
あなたはキャッチャーで、
ピッチャーじゃないってこと。


キャッチャーは、
ピッチャーの投げた球を
確実に受け取るのが仕事。

受け取った球を、
ピッチャーが取りやすいところへ
投げ返すのが仕事。

そのときに、球に細工をしないこと。

色(あなたの解釈)をつけたり、
飾り(あなたの期待)をつけたり
しないように。




「そうなんだ」
「うんうん、それで?」

「なるほど」
「っていうと?」

って感じで、どんどん話を
促していってあげるだけでいい。


受け損なったら、
「ごめん、もう一回」
って言えばいい。




「でも、それじゃあどこまでも
愚痴につき合わないとダメって
ことですか?」

と、思った人も多いかも。


でも大丈夫。


心の内をある程度吐き出せると、
ごちゃごちゃだった机の上が
整理されたかのように、
良い考えが浮かんでくるもの。


『答えはその人の中にある』


よく聞く言葉だけど、
本当にそのとおりなんだ。

その上にいろんな感情が
積み上げられてしまって、
みえなくなっていただけ。


そのことを信頼してみてね。


Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。