POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

セルフイメージの話

  28, 2012 06:58
あるクライアントさんのお話。

その方は今まで、
冬が好きだったそうです。


日に日に温かくなる春、
暑くて日差しの強い夏、
穏やかな陽だまりの秋…。

そんな季節には、
「早く冬になればいいのに!」
なんて、思わず毒づいたり。


その方が先日、

「今年になって初めて、
春がうれしいと思った」

「夏が終わって、冬になるのが
寂しいって、初めて感じた」と。


それはセルフイメージと
関係があるのではないか?
という話をしました。


気分がうつうつとしていたら、
キラキラしたお日様や温かさは
その方の心象とは合わないのです。

自分の心の辛さと、
外界のギャップが大きいと
とても辛く感じます。


きっと、冬の厳しい寒さや、
雪に閉ざされた風景が、

その方の心象風景に近かった
のではないか?と。


そうだとしたら、その方の
セルフイメージは、ずいぶん
明るく・温かくなってきたって
ことじゃないかしら?


カウンセリングがスタートして
からずっと、一緒にやってきたので、

その感じ方の変化は、私に
とっても、とても嬉しいことでした。



室蘭も日ごとに秋らしく、
朝晩は冷え込んで来ましたね。


彼女にとって今年は、
今までもよりも暖かい
冬になるかもしれません。


心が温かければ、きっと
雪景色の見え方も違ってくる
のではないかと思います。



Comment 0

What's new?