POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

「それはできない」

  26, 2012 08:40
「それはできません」
「そんなことできない」

このセリフを言いそうになったら、
ちょっとこらえてみよう。

そして、こう言い換えて
みるのはどうだろう?


「今はしたくない」って。



「それはできない」よりも、
ずっと抵抗を感じるかもしれない。


でも、「今はしたくない」には、
可能性がある。


自分が「やろう」あるいは
「したい」と思えばできるのだ、
という可能性を残している。



「できない」と言い切って
しまえば、それはもう

「自分にはどうにもならない」
と宣言していることになる。

できない理由に負けている。


たとえば、

「あの人は聞こうとしないから」
「うちの職場では無理だから」と、

他者や環境に負けてしまっている。


もしも心の底の方で、
ほんのちょっとでも、

「本当はできたらいいのに」って
思っている自分の存在があっても、
それは抹殺されてしまう。




でも、
「したくない」と言えば、
それは自分の意思だ。

「したくない」からしない。

その理由は、

「怖いから」
「失敗したくないから」

「恥ずかしいから」
「自信がないから」

そういった“自分自身”の事情だ。


それらは、今は無理でも、
いつか克服することだってできる。



「今はしたくない私」に
OKを出してみよう。

自分を卑下する必要はない。

今のありのままの自分に
「今はそうなんだね」と
言ってあげるだけでいい。



きっとね、
「したくなった時が、するべき時」


両親やパートナーや大切な人に

「ごめんなさい」って言うとか
「愛してます」って言うこと。

「あなたを許します」って言うとか
「ありがとう」って言うこと。

それが、こんなに怖いワタシ。

だから、今はできない。
うんうん、それでいいよ。



関連記事:「愛しいてます」

Comment 0

What's new?