POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

自分優先(3)

  19, 2012 13:20
「私はいいから(^^)」って、
本当に、本当にいいのかな…?

心から言えますか?
心から笑えますか?

笑えなかったとしたら、
心は何か訴えていますよね?

「それはいやだ」「淋しい」
「そんなの悲しい」って。


そんな心の声をね、聞いてあげましょうよ。

「そうはいかないの!黙ってて!」
って、端っから押さえつけるんじゃなくて、

「そうだよね、わかるよ」って。


「いいよ(^^)」って
反射的に答える前に、

先に、自分の心の方を向いて、
「そうだよね、わかるよ」って、
自分に優しい目を向けるんです。


「それはイヤだ」って声を
心の中で肯定してあげることです。

「…だからと言って、
「イヤです」「ダメです」って、
とても相手には言えません!」と、
思われたかもしれませんね。

そう、その思いにもOKを
出していきます。

「そうだよね、わかるよ」
「どう思われるかと怖いよね」
「だからノーが言えないんだよね」と。


「じゃあ、今は…
“イエス”ってことにしようね」


わかります?

ここで
【あなたの本心】と、
【表向きのあなた】が、
一致した
ことが。


たとえ、今までと同じ
【他者】優先に見えたとしても、
心は全然違うってことが。


「ノー」が言えないワタシだけど、
「今はそれでいい」と、自分が
自分にOKを出せたことが。


【表向きのあなた】が、
ちゃんと【あなたの本心】と
向き合っていることが。


これが、あなたが
あなた自身と仲よくなる、
第一歩です。



『まず先に、自分の心に
目を向けて、優しく肯定する』

ってだけです。

そうして、

あなたがどう判断して、
どう行動したとしても、
『優しく肯定』してあげましょう。

良いとか、悪いとか、
ジャッジはしないで。


今のあなたの選択は、
今のあなたのベストなんだ、
と、受け入れられるなら、

あなたは、
『誰かの意向の奴隷』
ではありません。


そう思うと、なんだか
力強く感じませんか?



もう一度書きます。

『まず先に、自分の心に
目を向けて、優しく肯定する』

これだけで、ワガママですか?
違いますよね?


私達は、時には不本意な返答を
しなければならないこともあります。

でも、心はいつだって
自由でいていいんです。


実は、心を押さえつけていたのは、
相手ではなく、世間でもなく、
自分自身(いつも他者を優先する、
表向きの自分)だったわけです。


そのことに気付きましょう。


そうして、
「自分の心にも、他者にも
優しい選択ってなんだろう?」
と、心がけてみてください。



『ワタシも良くて、アナタも良い』
そんな関わり方が、だんだんと
出来るようになってきます。



その時は「どっち優先?」
なんて、考えなくても
良くなるかもしれませんね!


Comment 0

What's new?