POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のカタチ

  10, 2012 06:21
「愛情表現」と一言で言っても、

あなたの思う愛情表現と、
私の思う愛情表現は、

天と地ほどにも違っているかもしれない。


ある人はスキンシップが
いちばん愛情を感じると思っている。

ある人は「承認の言葉」が
なによりも嬉しく、必要としている。

ある人は、相手と一緒に楽しむ時間を
共有することに喜びを感じる。

ある人はプレゼントのように
形のあるものを捧げる。

ある人は、一懸命に働いて、
家族を養うことで誇りを感じる。



人は皆、自分の良かれと思う方法で、
愛情表現をする。

それが、相手にとっても
同じように嬉しいことならいいけど、

そうでない場合も多いんだ。


旦那さんの精一杯の気持ちを
スイートテン・ダイヤモンドに
託しても、

奥さんは、優しい抱擁や、
ねぎらいの言葉を
求めているかもしれない。

「私が欲しいのはモノじゃない!」
なんて、怒ってしまうかもしれない。


でも、

相手があなたにしてくれることは、
相手にとっては最大の愛情表現かも
しれない、って思ってみたら
どうだろう?


「私を本当に愛しているなら、
私の求めているものが分かるはずだ」
というのは、実は『幻想』なんだ。

『真実』はね、

「あなたを本当に愛していても、
何を求めているか分からないこともある」
そういうこと。


みんな『自分だったら』、
『良かれと思って』、

相手の喜ぶ顔を想い浮かべながら、
何かを贈ろうとした…

…ってことだけが、確かなこと。



この「相手のことが分からない」
という事態を、みんな必要以上に
恐れすぎてる
んだよね。

それは、自分が相手を
「ちゃんと愛してない」と
思われちゃうんじゃないか?
っていう恐れ。


実は、「ちゃんと愛していれば、
俺(私)のことが分かるはず」って、

あなたが相手を責めているから、
自分も同じように責められる気がする
…という心のカラクリがあるから。


でも、本当はそうじゃない。

「相手を喜ばせたい」という
自分の気持ちを、まず肯定しよう。

そこに『愛』があることは、
間違いないんだから。


そして、相手の
「あなたを喜ばせたい」気持ちも、
受け取ってみよう。

そこに『愛』があることは、
間違いないんだから。


それを受け入れた途端、
あなたは「愛されてない人」から、
「愛されている人」に、劇的に変わる。



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。