POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

『下から目線』を手放そう

  18, 2012 00:00
上から目線の間違いじゃありません。
下から目線、です。

私たちは、意外にもこの目線を、
しょっちゅうやっているんです。


例えば、こんな場面。

TVを観ながら「国はなっとらん!」
「行政はもっと~すべきだ」

そんなセリフを聞いたり、あるいは
言ったりしたことがないでしょうか?


そのとき、私たちのスタンスは
こんな感じになっています。


国(行政)=強い者、大きい者

自分=弱い者、小さい者



国(行政)を上に見て、下の方から
上を指差して、批判をしています。




また、下から目線の人は、
自分が低いスタンスに入るので、

あらゆる人に「上から目線」で
見られている気がしてしまいます。




例えば、病院で。

「あの医者は患者をなんだと思って
るんだ!」と怒っている人。


確かにお医者さんは、
患者さんを尊重するべきです。


理不尽な扱いをされていい人
なんか、一人もいません。

仕事に私心を持ち込むことは、
いいとは言えないでしょう。


でも、医者だって人間。

イライラしているのには、
何か理由があるのかもしれません。

もしお互いが対等ならば、
「患者側も医者を尊重するべき」
と言えるのではないでしょうか?




相手に見下されている気持ちになるとき、
私たちは下から目線になっているのです。

相手が上で、自分は下、なんです。
自分から下に入ってしまっています。




その関係は、親と子に似ています。

「あなたは大人で強いんだから、
私を守ってくれるべきでしょう?」


と、言っているのですから。



確かに、親子ならそうでしょう。

でも、たとえ政治家と国民でも、
医者と患者であっても、

『一人の大人』としては対等なはずです。



いや、援助が必要な人や、
守られるべき人はもちろんいます。

行政は、国民の僕であるはずです。
それを否定するものではありません。



だけど、

この『下から目線』のエネルギーは、


あなた=やってくれる人

私=やってもらう人



という “依存” のエネルギーなのです。




このエネルギーで生きていると、
「世の中不公平だ!」
という怒りをしょっちゅう感じます。


買い物に行けば、不機嫌なレジ係に
当たって、ものすごく不快になります。

私=お客様=やってもらう人


この公式では、自分が
(大切にされるべきなのに)
大切にしてもらえなかった!
という、結果になります。

傷つき、怒りが涌いてきます。


だけど、自分とレジ係の人も、
一人の人間として対等です。


そういう目線で見てみると、

「ああ、この人は何か面白くない
ことがあったのかなぁ?」と、
相手をおもんぱかる余裕が出てきます。


そして、その人に対しても、
「まあ、人生いろいろあるよね」
なんて思えたりしたら、あなたは
自分を小さくしないで済みます。


前者は『粗末に扱われた自分』が残ります。

後者は『相手を思い遣る自分』が残ります。


さて、どちらの自分を大きく感じますか?
どちらが強く感じるでしょうか?

どちらの自分が気持ち良いでしょうか?




『下から目線』は、
『被害者目線』とも言えます。


してもらうのが当たり前、
してもらえなければ傷つき、怒る。


それは、子どものマインドです。

自分の想い通りにならないからと、
「お母さんなんか、嫌いだ!」
ってだだをこねているのと一緒です。


自分を被害者にしないことです。
弱くて小さな子どもにならないことです。


相手の態度が理不尽だと思うなら、
「もっと私を尊重してください」と、
穏やかに伝えればいいのです。


でも、そのお願いが相手に
伝わらないこともあるでしょう。


相手はそんな余裕がないからです。

だから、お客様に対しても、
患者様に対しても、国民に対しても、
やさしく出来ないんです。


だとしたら、その人に愛を送りましょう。

ただ心の中で、その人の背後にある
辛さや事情を思い遣って、
愛のエネルギーを送るんです。



「してもらう人」から、
「してあげる人」へのシフトです。



それって損なんじゃないか、って、
気がした人もいるかもしれませんね。

「なんで何もしてもらってないのに、
自分からそんなことするのよ?」って。



でも違うんですよ。

そう意識すると、
不思議なことが起こります。


店員さんがやさしくなります。
お店でやさしくされます。

会社が楽しくなります。

お医者さんも親切です。
なんだかラッキーなことが起こります。


あなたから滲み出るエネルギーが、
『怒り』から『愛』に変わったからです。

あなたが先にやさしくなったからです。



類友の法則が働いて、やさしさや
親しみが引き寄せられてきます。



これはね、

相手のため、ではありません。
実は自分自身のため、なんです。


「情けは人のためならず」なのです。
回り回って、自分に愛が還ってきます。


それが宇宙の法則です。

Comment 6

きのこ  

いつもblogよませていただいています

始めまして望さんのblogに出会って人生が変わった、キノコです。私には、バツイチの彼がいます。今まで恋愛してきた人全て、元彼女と自分を比べて、私より元彼女の方が好きやったのかどうか、私は嫌われるから、よりを戻される、この二つがいつも自分の行動パターンのベースになり、最初のラブラブ期間を過ぎ安定しかけると必ず怖れが大半をしめ、遡り嫉妬から相手を試すことをしてしまい、それと反して嫌われたくないからと、自分を犠牲にして尽くしてのループにはまり、自分から別れています。毎回です。実は私もバツイチ(DV)ですが、自分の思い通りになれば、相手への気持ちはさめてしまう部分もあって。望さんのblogに出会って、沢山の気づきをもらい、初めて変われない変わりたいと心が叫んでることに気づきました。今の彼は元奥さんと仕事場も同じで、旅行(二人ではないですが)にもいきます。彼は私とはずっと一緒にいたいけど、結婚は誰ともしたくないと言います。私も結婚願望は全くないのですが、上に書いた行動パターンがまた顔を出し、彼が結婚はもう誰ともする気はないことをわかってて。結婚してもらえないのは、私より元奥さんが好きなんだと、私には元奥さんは越えられない等を思いつめて苦しくなります。彼が大好きです、こんな自分やめたいです。苦しくて望さんに聞いてもらいたくて、思わずコメントしてしまいました。

Edit | Reply | 
もみじ  

初コメントです

こんにちは!
娘まで望さんのお世話になった「もみじ」ことNです。読みながら、うんうん♪と納得してしてしまいました。うまく表現できないので書かずに割愛しますが・・・

コメントついでに近況報告です。
最近、自分の周りの空気が動き出したのは感じていたのですが、あまり嫌な思いをすることがなくなりました。
新しい職場のスタッフも素敵な方達です。思い切って娘の事情を話したら、上からでもなく下からでもなく、私と同じ場所で聴いてくれました。驚くほどすんなりと受け入れてもらうことができて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

望さんに出会えたおかげかななんて思います。また望さんに会いたくなったら連絡しますね。
いつもありがとうございます^^

Edit | Reply | 
望  

キノコさん、コメントありがとうございます。
いつも読んでくださっているんですね。励みになります!

恋愛がいつも辛く苦しいものになってしまう…。
自分に自信がなくて、パートナーに依存していた私自身と良く似ています。

ご自分のパターンにも、もう気付かれているんですよね。
キノコさんも、必ず変われます。
そして、もう本当に自分をしあわせにしてあげましょう。

あとほんのちょっとの勇気が必要かもしれません。
「助けて」が言えれば、もう一人で思い詰めないでもいいのです。

必要な時には、お声をかけてくださいね。
お待ちしています。

Edit | Reply | 
望  

Re: 初コメントです

もみじさん
初コメント、ありがとうございます♪

お元気そうでなによりです。
もみじさんの『感謝』が、また感謝したくなる状況を引き寄せてくれますよ~。
楽しみですね(^^)。

また娘さんと一緒に、お顔を見せてくださいね。

Edit | Reply | 
ゆずは  

No title

自己PRを考えるため色々調べていて、拝見させていただきました。「下から目線」ということを私も大切にしてきたので大変共感しました!

この文章を読んで自分の気持ちが整理されたような感じがします。

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

Edit | Reply | 
三浦 望  

Re: No title

ゆずはさん

コメントありがとうございます。
就職活動中?なのでしょうか。
つたない文章ですが、お役に立ちましたら嬉しいです。
またご訪問ください。

Edit | Reply | 

What's new?