POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷つきやすい人は、すでに傷ついている

  07, 2012 23:21
傷つきやすい人は、すでに傷ついています。

自分の内面での自己攻撃が激しいからです。

「自分はダメだ」
「役に立てない」
「いつも失敗する」

そんな言葉で、自分を痛めつけています。


この『自分をけなす言葉』は、
まるで内面からのボディブローのように、
その人を痛めつけます。

そして、
心は痛々しく腫れ上がっているのに、
自分ではその自覚がなかったりします。


あなたの腫れ上がったハートは、
他者からも見えません。

ところが、腫れ上がったところを、
誰かが知らずに「ポン」と叩いたとしたら?

あなたは「痛い!!」と叫びます。
相手に「傷つけられた」と感じます。


でも、実際にはもう、
すでにハートは傷ついていたのです。


相手も、自分の何気ない言動で、
あなたが傷つくのを見て驚きます。

自分が悪人にされたようにも感じます。
もちろん気分は良くありません。

だから、何度かそんなコトがあると、
「出来るだけそっとしておこう…」と
あまり接触しないようになります。


距離を置くようになってしまうんです。
まるで「腫れ物」に触るように…。



そうなったらなったで、当人は、
周りが遠巻きになったことを感じて、
とても寂しい想いをしていたりします。

「自分は必要とされていないのかも」
「嫌われてしまったかもしれない」と。

そこで「自分はダメだ」と、またも
自分をけなす方向に行かないでください。

それこそが、負のスパイラルです。
更に自分にボディブローを打ち込みますか?

それは、解決には繋がりませんね。



『自分が自分を傷つけている』
その事実を認めるのは、とても辛いことです。

誰かのせいにしている方がラクなんです。

それでも…、誰のためでもない、
自分のために勇気を出してください。

でも、まずは傷をしっかり癒すことです。

やさしく自分をいたわる方法を、
今まで知らなかっただけですから、
新たに学べばいいのです。


たくさん傷ついてきたあなたに、
伝えたいんです。

もう自分を傷つけなくても大丈夫、
本当にしあわせになれるんだってことを。



お問合せ・お申込みはこちら

メニュー&料金表はこちら

プライバシーポリシーはこちら

心理カウンセリングを受けるとどうなるの? 詳細はこちら

Comment - 12

はる  

No title

まさに私と夫のことです。

まだまだ先は長そうですが、
(長年の習慣の)相手の気持ちを読むことより、
まず自分の気持ちに意識を向けるようにかんばります。

早く自分と仲良くなりたいです。

Edit | Reply | 
望  

Re: No title

はるさん、こんにちわ。

傷ついている人のパートナーはまた、やっぱり傷ついていることが多いのです。
傷ついている同志、惹かれ合ってしまうから。
なんとか助けてあげたい、と思うから。

どちらもまずは、自分を痛めつけていることに気付いて、それを止めること…ですよね。
「今までいっぱい傷つけてごめんね」と、自分に謝って、それから仲直りです。

自分の気持ち、うんと大切にしてあげてくださいね。

Edit | Reply | 
yuka  

No title

はじめまして!
数日前にたまたま貴ブログにたどり着き、過去の記事をさかのぼって読ませていただいています。
関東在住、室蘭出身のアラフォー主婦、子供一人です。

こちらの記事を読ませていただき、
主人がなぜいつも不機嫌なのか、ヒントをいただいたように感じました。
どうして、今まで気が付いてあげられなかったのか・・・。

意味が分からない理由でゴキゲンをそこね、些細なこと(と私が思う)で離婚だと言い(でも未だかつて離婚しない・・・)私がどうしていいかわからず、自然と距離を置くようになっていました。

「困った人だ」と距離を置いて、私が他のことに気を向けて我慢したり諦めたりすることで、オトナのつもりでいましたが、それがどれだけノー天気な対応だったのか。

傷つきやすい性質で生きにくさを感じ、傷つかないよう逃げてばかりの主人を、周りが救うことはできるのでしょうか。

この残念な主人との冷えた関係を仕方ないと諦めていたのですが、
こちらの記事をいろいろ読ませていただき、
主人を救える方法があるのではないか、と思うようになりました。
パートナーが傷ついた相手を救うにはどうしたらいいのでしょうか。






Edit | Reply | 
望  

Re: No title

yukaさん、こんにちわ。

コメントありがとうございます。
室蘭のご出身なんですね(親近感)♪

> 傷つきやすい性質で生きにくさを感じ、傷つかないよう逃げてばかりの主人を、周りが救うことはできるのでしょうか。

はい。『傷ついた方が救われること』は可能です!
けれど『周りが救う』というのはちょっとニュアンスが違ってくるかもしれません。

あくまでも、『自分を救うのは自分』だからです。



>「困った人だ」と距離を置いて、私が他のことに気を向けて我慢したり諦めたりすることで、オトナのつもりでいましたが、それがどれだけノー天気な対応だったのか。

オトナのつもりで過ごしてきた日々って、
もしかしたら、yukaさんにとっても辛かったのではありませんか?

「私だってわかって欲しい」
「私だって淋しい」
「愛されたい、安心したい」

そんなニーズだってあっていいんですよね。

お二人とも自分のニーズを無意識に我慢してしまうところが、似た者同士なのかもしれません。

yukaさん自身が、自分をハッピーにしてあげることを選択していく(つまり自分を救うんですね)ことが、今のお二人の状況に変化を与えると思います。

そして旦那さん自身が「変わりたい」と思った時が、チャンスです。



>どうして、今まで気が付いてあげられなかったのか・・・。

このセリフに、yukaさんの旦那さんへの想いが表れているように思います。
この気持ちがあれば、きっと問題を解決していくことが出来ます!

そして、同じセリフをまず自分自身にも言ってあげてください。
なんだか心がほっこりするかもしれません。


室蘭から、yukaさんの幸せをお祈りしています。

(ごめんなさい、コメントちょっと書き直しました)

Edit | Reply | 
yuka  

No title

望様

突然のメッセージに、
ご丁寧にご回答いただきありがとうございます。

・・・「あ、ワタシもか!ていうか、ワタシか!(笑)」

と、どの内容もスッと入ってきて、
何度も読み返しています。

ほんのちょっと、視点を変える言葉をいただけると、光が差してくるんですね!
自分の中で堂々巡りしていたことに、気が付かせてもらいました。

貴ブログに出会えて良かったです。
しばらく、自分の本音と本気で向き合ってみようと思います。
ありがとうございました!!

中島町の中学校に通っていましたyukaより♡

Edit | Reply | 
望  

Re: No title

yukaさん

お返事ありがとうございます。

そうなんです。
「ワタシ」から始めてください!^^

コメント頂けると励みになります。
記事の更新は遅いですが、今後もどうぞよろしくお付き合いください。


中島町の中学校は、昨年統合して新しい名前になりましたね〜。



Edit | Reply | 
主人公  

はじめまして

なんのためにうまれてきたんだろう ?抱えきれない程の罪と罰を抱えてもう一度生まれ変われますか。

Edit | Reply | 
望  

答え

『YES』

Edit | Reply | 
主人公  

No title

どうしたらいいのですか?

Edit | Reply | 
望  

Re: No title

「絶対に自分を救う」と決めて、一歩行動を起こしてみては。
カウンセリングを受けるとか。

私はそれで生き直すことができましたよ。

Edit | Reply | 
主人公  

No title

貴方みたいなカウンセラーになるにはどうしたらいいのですか?

Edit | Reply | 
望  

Re: No title

まずはご自身を充分に癒すこと、です。
思考の迷宮から一歩外に出て、行動を起こしてみなければ、現実は変わりません。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。