POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

愛のチューニング

  04, 2012 00:40
最近、中学生・高校生の子たちに
手当てする機会がありました。


改めて、レイキって何なんでしょうか?

「純粋な宇宙の愛のエネルギーです」
と言われても、きっとピンとこないよね。


そうだ、吹奏楽をやってるんだよね?

A中学の吹奏楽部と、B中学の吹奏楽部は、
それぞれに個性があるって分かるよね。

その個性を形づくっているのは、部員一人一人。

部員が細胞の一つ一つで、
吹奏楽部が一人の人間、と考えてみて。



部員の誰かが体調や気持ちが乱れていたら、
部全体にも演奏にも影響が出るよね。

部員一人一人が、心も体も快調で、
みんなの心が一体になったときに、
一番良い演奏が出来るはず。



実はね、
宇宙もこの吹奏楽部みたいなしくみなの。

私たち一人一人が部員で、
それぞれの楽器(使命)を持って
生まれてくるんだ。



そして、宇宙は一人一人を幸せに輝かせ
ながら、最高の『愛のシンフォニー』を
奏でようとしている指揮者。

更に、私たち一人一人もこの宇宙のタクトに
息を合わせて、自分の役割を果たしている
時に、最高の幸せを感じるんだよ。


だけど、みんなそれぞれに、
いろんなストレスがかかってて、

チューニングがずれていたりする。
そうすると、不協和音が出てきちゃう。

満足のいく演奏が出来ないし、
自分の役割に疑問を持ったり、
自信を失ったりしてしまう。



だから、宇宙と調和するように、
チューニングを合わせてあげるんだ。

そのための道具も、私たちは生まれつき、
与えられているんだよ。

そのひとつが、『手当て』なの。



歯が痛いときは、無意識に頬に手がいくし、
お腹が痛い時もお腹に手を当てるよね。

すると、痛みがやわらぐでしょう。

それは、手のひらを通して、
宇宙と調和するからなんだと思うの。


辛いことがあって胸が痛むときも、
そこに手がいくんじゃないかな?

手は癒しの道具なんだよね。



特に『お母さんの手』なんて、
子どもの頃は何よりも効くお薬だった。

本当に安心できたよね。

それは、宇宙の愛、お母さんの愛が、
手のひらを通して流れ込み、

乱れていた心もいつの間にか静まって、
『愛』に波長が合ってくるから。



自分や、ほかの誰かを責める気持ちは、
『愛』の状態ではないものね。

『愛』の状態に戻る。
本来のあなたの魂が、在るべき姿に。

そのひとつの手段が、レイキの手当て、
なんだと私は思っているんだけど、

伝わったかなぁ…?


うん。
まあ何となくでOKです(^^)。

じゃあ、軽く合掌してください。
画面の前のあなたに『愛』を送ります♪




Comment 0

What's new?