POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うつ病』の役割(2)

  23, 2012 00:00
うつは“非常事態”であるが、
“異常な事態”ではない。



身近な人がうつになったり、
自分がうつになったとき、
多くの人はそれを “異常な事態” と
思うのではないでしょうか?

その『誤解』が本人や家族を
傷つけている、と私は思います。


本人も、自分が異常であり、
「普通の人」のカテゴリから、
外れてしまったように感じます。

疎外感、罪悪感を感じ、
そんな自分には価値がないと、
ますます自分を追いつめることも。


うつはその人の人生にとっての、
“非常事態” です。


それは、
「これまでの生き方を続けていくと、
その人の人生が崩壊する恐れがあり、
緊急に対処しなければならない状態」です。

『非常ボタン』が押されたのです。

そして、人間にはこの『非常ボタン』
が押された時の “正常な反応” として、
『うつ状態』になるシステムが、
用意されているのです。



『うつ状態』は、非常事態に対して、
人間の正常なシステムが働いた結果である。




シリーズ:『うつ病』の役割(1)

関連記事:過去・現在・未来



Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。