POST
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム

置き去りエレクトーン

  15, 2012 00:00
あなたは子どもの頃に、習い事をしていましたか?
あるいは今、我が子に習い事をさせていますか?


私はエレクトーンを習っていました。

エレクトーンは楽しい楽器です。
無限の音色と、一人でそれを操る気持ちよさ。


けれども、当時の私は
レッスンも練習も大嫌いでした!


…いえ、正確に言うとこうです。

「弾く練習は好きだけど、
作曲や指使いや理論の勉強は嫌い」


週に一度のレッスン日。

大抵練習不足なので、いつも気持ちは重く、
しぶしぶ通っていました。


そして中学一年のとき、
もう本当にイヤになってしまい、

両親に懇願して、
レッスンを辞めさせてもらいました。



その後のことです。

居間にドーンと鎮座するエレクトーン。
イヤでも目に入ります。



その高価な楽器は、両親がローンを
一生懸命払ってくれたものです。

6年以上もの毎月のレッスン料だって、
大変な額だったでしょう。


エレクトーンが目に入る度に、
私はイヤな気持ちになりました。

その時はなぜだか分からなかったけど、
私はとても罪悪感を感じていたのだと、
今ならわかります。


私は、たくさんのお金を使わせ、
両親の期待を裏切った自分を、
責めていたのです。

~親の願いは、私をエレクトーンの講師にすることでした~


弾く人のいない置き去りエレクトーンは、
私が悪い子である証拠の品となったのです。


そうして、居間の隅で何年も
埃をかぶっていたエレクトーンは、
数年後、楽器屋さんに引き取られました。



そのときの寂しさを覚えています。

私は、エレクトーンを “弾くこと” は、
本当は好きだったのです。

レッスンを辞めてからも、
本当は弾きたかったんです。

自分の好きな時に、
好きな曲を好きなだけ。


だけど、弾けなかった。


エレクトーンに手を触れなく
なったのは、罪悪感があったから。


自分が両親を悲しませたのに、
私が “自分の楽しみのために”
弾いてはならない
と、思っていたのです。



だけど、そんなふうに私が感じていたとは、
両親は想像もしなかったでしょう。

手を触れないのは、やっぱりキライだから、
この子には合わなかったのだ、と
思っていたかもしれません。

そして、自分たちが苦労して買ったそれを
苦々しく見ていたかもしれません。


私も、両親も、

あんなに大きな楽器なのに、
まるでそこに存在しないかのような
態度で、数年間暮らしました。


私は私で、両親は両親で、
辛かったなぁ、と思います。



その後、大人になった私は、
自分のお給料でシンセサイザーや
電子ピアノを買い、

久々に鍵盤を操る楽しさに没頭しました。

自分で買ったものなので、
罪悪感を感じることなく触れたんですね。


そうなってから、

私が鍵盤を操れるのも、
楽譜が読めるのも、

当時の両親の投資のおかげなんだな、と
改めて感謝できるようになりました。



でも、そのままレッスンを続けていても、
私はエレクトーン講師には、
ならなかったと思います(笑)。

人には向き、不向きがありますからね。




だからもし、当時の私みたいに
習い事を辞めてしまった
お子さんがいる方にお願いです。


その子が罪悪感を持たなくていいんだ、
って、伝えてあげてほしいのです。


「あなたがレッスンを辞めるのは、
残念だけれど、もしあなたがピアノを
弾きたいと思ったら、自由に弾いていいのよ」
って…。


我が子が楽しそうにピアノを弾く姿が
見られたらならば、それまでのレッスンも、
決して無駄ではなかったことが
わかります。

誰も触らなくなったピアノを、
苦々しく見るよりも、ずっと
気持ちが良いでしょう?


その後、その子がまた「習いたい」
と思うこともあるかもしれませんよ?



事実、今でも私は、
またいつかエレクトーンを
習いたいと、密かに思っているのです。


『楽器を奏でる楽しさを学ぶ』

それが、レッスンの本当の目的です。
その目的は、ちゃんと果たされています。

決して無駄にはなっていないのですから。



※とは言え、本当に楽器を弾くことに
 興味のない子もいます。

 サッカーや野球のほうが得意だったり、
 お絵描きやダンスが好きだったり。

 『好きこそものの上手なれ』です。
 本人の“好き”を大切にしてあげてくださいね!

 ピアニストにしたい、とか
 サッカー選手にしたい、とか、

 それは親である自分の期待なのか、
 本人の本当の夢なのか、
 混同しないようにお願いします。




Comment 0

What's new?