ARCHIVES 2015年11月
あなたの「最後の」カウンセラーになります。今度こそ本当に自分を幸せにする覚悟でおいでください。by ライトハウスカウンセリングルーム
Read more

最大の親孝行は、あなたがしあわせになること

クライアントさんのお話を聞いていると、「私は親の期待に応えられない、ダメな人間です」と言ったセリフがよく出てきます。ということは、私たちは“親の期待に応えたい”と、ものすごく思っているってことですね。でも、親の期待する大学に入れなかったとか、親の期待する仕事に就かなかったとか、親が期待するような明るい行動的な子じゃなかったとか、親が期待するような健康な子じゃなかったとか、もし掘ったら、山ほど出てくる...

 05, 2015   0
Read more

「傷ついた」と認めることと、被害者になることは別のこと

誰かが悪意のあることを私に言ったとしても、それで傷つくか傷つかないかは、自分で選択できるんです。逆に言えば、「傷つく」ときには「傷つく」ことを(被害者になることを)、自分が選択しているんです。そして被害者の立場は、受動的で楽なんです。感情の主導権をしっかり握るには、自覚と責任が必要になります。でも、自分を被害者にしなくて済みます。それを選択する覚悟があれば、私たちは人生を変えることができます。「傷...

 07, 2015   0
Read more

「怒り」が隠す本当の気持ち~誰かへの怒りが収まらないときに

今、誰かに怒っているあなた。相手の嫌なところ、ダメなところが次から次へと思い出され、だから嫌い! もう本当に大嫌い!って思います。本当にこの状況は苦しいものです。相手への恨みも募ります。でも実は、「感情」というものの寿命はすごく短いって知っていますか?感情は池に出来る波紋のようなもの、ってお話を以前に書きました。参考記事:『感情』という波紋いつまでも消えない波紋はないんです。でも私たちは、この怒り...

 10, 2015   0
Read more

一つの家庭にオス二匹はバトル必須!~貴女はオス化していませんか?

ご訪問ありがとうございます。心理カウンセラーの三浦望です。今年の夏から秋にかけての私は、とても忙しく過ごしていました。個人セッションの件数が増えた上に、週末のセミナー等、イベントが続いていたんですね。とにかく毎日「時間が足りない!」家事や食事の支度を誰かやってくれたらなぁ…。気づけば、「ああ、嫁がほしい…」と、つぶやいていました。「うわっ!」自分のセリフにびっくりしたのと、また来た!というデジャブー...

 12, 2015   0
No image
Read more

新規のクライアント様からのメッセージ

登別市 O様 40代 女性今まで自分たちだけで、苦しんで苦しんで…あれこれ本を読んだり、もがきながら、力を奮い立たせて、自分なりに“希望を持って生きたい”と、ここまで来たけれど、客観的に頼れるモノと出会えたのかもしれないと云う(まだ100%とはいきませんが)期待と、漠然とした安堵感を持っています。☆O様が初めてカウンセリングに来られた頃のメッセージです。 その後カウンセリングを継続し、心のカラクリを学んでい...

 16, 2015   0
Read more

電話カウンセリング中のクライアント様から

四国在住のN様(女性・50代)からメッセージをいただきました。ありがとうございます♪昨日はありがとうございました🎵徐々に、探し求めていた答えの正体が見えてきたようです・・・。繰り返し植え付けられた癖に気づいて変えていくには、何度も何度も繰り返ししなくてはならないんですね‼誰かに聞いてた、何度も読んでた言葉なのに・・でも、昨日はかなり強く入ってきました。ありがとうございます!私、自己免疫疾患でした。自...

 23, 2015   0
Read more

「どうして分かってくれないの?」~結婚10年目でまだこのセリフを言っているあなたへ

結婚してから、「こんな人だと思わなかった!」という事態を避けることはできません。そもそも、あなたが想っていた「こんな人」は、現実に存在していなかったのです。それを 、“幻が滅する” と書いて、“幻滅” と言います。幻が滅したあとに現れたのが、あなたのパートナーの真の姿です。そして、あなたの幸せは、この人に『こうしてくれると私はうれしい♪』ということを、いかに伝えていけるか?に、かかっています。彼はまだ、あ...

 25, 2015   0
Read more

子供をコントロールする大人のココロ(青信号編)

こんにちわ。心理カウンセラーの三浦望です。クライアントさんの夫、正夫さん(仮名)は、40代後半のとても自分に厳しい人です。でも、自分に厳しい人って、他者にも厳しいんですよね。当然子どもたちに対しても、厳しかったそうです。「私から見たら、とても生きづらいんじゃないかなぁ?」と、クライアントさん。そんな正夫さんの幼少期のエピソードを伺ってびっくり!それは…正夫さんが小学校にあがる前のことです。正夫さん...

 26, 2015   0
Read more

伝わらない・動かない!ゆとり世代(?)~弱った心の筋肉に「愛の刺激」を与えよう

ご訪問ありがとうございます。室蘭市の心理カウンセラー、三浦望です。今日の主役、50代の弘行さん(仮名)は、設備関係の会社のベテラン社員です。弘行さんには悩みがあります。それは、毎日一緒に連れて歩く部下良樹君(仮名)です。良樹くんは20歳。高校卒業後に入社して2年、弘行さんの下で修行中です。弘行さんには悩みがあります。それは…、良樹くんが超汗っかきなこと。移動の軽トラックの狭い空間に、だんだんと汗の...

 28, 2015   0